八月十五日夜 禁中に独り直し 月に対して元九を憶う 白居易

白楽天「八月十五日夜 禁中に独り直し 月に対して元九を憶う」。

作者白楽天が、八月十五日の夜に月を見ながら、左遷されている友を思いやっている詩です。

あわせて、これを引用した『源氏物語』須磨巻も読みます。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

八月十五日夜禁中独直対月憶元九 白居易
銀台金闕夕沈沈
独宿相思在翰林
三五夜中新月色
二千里外故人心
渚宮東面煙波冷
浴殿西頭鐘漏深
猶恐清光不同見
江陵卑湿足秋陰

八月十五日夜 禁中《きんちゅう》に独《ひと》り直《ちょく》し月に対して元九《げんきゅう》を憶《おも》う 白居易

銀台《ぎんだい》 金闕《きんけつ》 夕《ゆうべ》沈沈《ちんちん》たり
独宿《どくしゅく》 相思《あいおも》うて 翰林《かんりん》に在《あ》り
三五夜中《さんごやちゅう》 新月の色
二千里外《にせんりがい》 故人《こじん》の心
渚宮《しょきゅう》の東面《とうめん》には煙波《えんぱ》冷かならん
浴殿《よくでん》の西頭《せいとう》には鐘漏《しゅろう》深し
猶《なお》恐る 清光《せいこう》 同じくは見ざるを
江陵《こうりょう》は卑湿《ひしつ》にして 秋陰《しゅういん》足る

現代語訳

白金作りの楼台も、黄金づくりの宮殿も、日が落ちて静まりかえっている。

私は独り翰林院に宿直して、君のことを想っている。

さっき出たばかりの十五夜の月の色を、二千里の彼方にいる君も、しみじみ感じ入って眺めているだろうか。

君がいる江陵の渚宮の東面では川面に夜霧がたちこめて、さぞ冷ややかだろうね。

私が今いる宮中の浴殿の西側では時を告げる鐘の音や水時計のしたたる音がしみじみと響いているよ。

だがひょっとして、君はこの澄んだ月の光を、私と同じように見てはいないのか。

江陵は土地が低く湿気が多く、秋の空は曇っているというから…。

語句

■元九 元稹のこと。九は九人目の兄弟であることをあらわす「排行」。この時元稹は宦官の怒りを買って湖北江陵に左遷されていた。 ■禁中 禁門の内部。天子のまします空間。宮中。 ■独宿 独りで宿直する。 ■銀台 白銀づくりの楼台。 ■金闕 黄金の宮殿。 ■夕沈沈 日が落ちて静まりかえっている様子。 ■相思 相手を思う。 ■翰林 翰林院。玄宗の時代に設けられた役所。主に詔書の起草に当たった。 ■三五夜中 3×5=15で、十五夜、という理屈。 ■二千里外 二千里の彼方にいる(君) ■故人 友人。元稹をさす。 ■渚宮 江陵にある楚の宮殿。江陵は長江の下流。現在の荊州。唐の時代は荊州の州役所が置かれ、要衝の地だった。 ■煙波 川霧の立ち込める水面。 ■浴殿 翰林院のそばにあった浴堂殿。 ■西頭 西のあたり。 ■鐘漏 時を告げる鐘と、水時計のしたたり落ちる音。 ■清光 澄んだ月の光。 ■江陵 湖北省江陵県。荊州。 ■卑湿 土地が低く湿気が多い。 ■秋陰 秋空が曇っているかんじ。 ■足 とても多い。溢れかえっている。

解説

江陵に左遷された友人、元稹のことを想ってる詩です。

この年白居易は39歳。翰林学士として出仕していました。夜の宿直の雰囲気が実に落ち着いた詩です。王安石「夜直」と並び、宿直中の情緒を詠んだ詩のケッサクです。

逆に左遷先で故郷にいる友人たちを想っている詩に、王昌齡「芙蓉楼にて辛斬を送る」があります。

『源氏物語』の引用

この詩は『和漢朗詠集』や『源氏物語』に引かれ、日本ではとくに有名です。

『源氏物語』須磨巻では、須磨に流された光源氏が、八月十五日の夜にしみじみと都の人々をなつかしむ場面で、この詩が引用されます。

月のいとはなやかにさし出でたるに、今宵は十五夜なりけり、と思し出でて、殿上の御遊び恋しく、所どころながめたまふらむかしと、思ひやりたまふにつけても、月の顔のみまもられたまふ。「二千里外故人心」と誦《ず》じたまへる、例の涙もとどめられず。

現代語訳
月がたいそう華やかに出ているので、源氏の君は「今宵は十五夜であったな」と思い出されて、殿上の管弦の御遊びが恋しく、今頃はどなたも月を眺めていらっしゃるだろうと思いやりなさるにつけても、月の面ばかりじっと見つめないではいらっしゃられない。

「二千里外故人心」と口ずさみなさるにつけても、例によって人々は涙をおさえることができない。

こちらもどうぞ

白楽天「長恨歌」
https://kanshi.roudokus.com/Cyogonka1.html

白楽天「琵琶行双序」
https://kanshi.roudokus.com/Biwakou.html

「香炉峰下 新たに山居を卜し草堂初めて成り 偶東壁に題す」
https://kanshi.roudokus.com/kourohounoyuki.html

小倉百人一首 音声 無料配布中
https://ogura100.roudokus.com/DL/

「竹取物語」全朗読 無料配布中
https://roudokus.com/Taketori/

「徒然草」朗読・解説音声 無料配布中
https://roudokus.com/tsurezure/DL/LP.html

日本の歴史 解説音声 無料配布中
https://history.kaisetsuvoice.com/DL/

次の漢詩「対酒

朗読:左大臣光永