絶句 杜甫

絶句 杜甫
両箇黄鸝鳴翠柳
一行白鷺上青天
窓含西嶺千秋雪
門泊東呉萬里船

絶句 杜甫
両箇(りょうこ)の黄リ(こうり) 翠柳(すいりゅう)に鳴き
一行の白鷺(はくろ) 青天に上(のぼ)る
窓には含む西嶺(せいれい) 千秋の雪
門(かど)には泊(はく)す 東呉(とうご)万里の船

現代語訳

二羽のうぐいすが緑の柳に鳴き
一列の白鷺が青い天に上っていく。

窓の向うには西嶺(せいれい)の万年雪が見え、
わが家の門のところには
東方の呉からはるか万里の旅をしてきた船が泊まっている。

スポンサーリンク

語句

■両箇 二つ。 ■黄鸝 こうり。鶯。 ■翠柳 緑の柳。 ■一行 一列。 ■含 窓枠に景色がはめこまれているようなさま。 ■西嶺 成都西方の山。 ■千秋雪 万年雪。 ■門 杜甫の庵のそばには船の泊まる万里橋があった。ここから船は東方に向かった。 ■東呉 東のほうの呉の地方。江蘇省。

解説

広徳2年(764年)杜甫53歳の作。「李絶杜律」と言って李白は絶句、杜甫は律詩を得意としましたが、律詩を得意とする杜甫のこれは絶句です。一句と二句、三句と四句が対句になっており、もともと律詩の部分として作られたものかもしれません。

「両」と「一」「千」と「萬」という数の対比。「黄」と「白」、「翠(緑)」と「青」という色彩の対比。「西」と「東」という方位の対比が自然な流れの中に織りこまれており、情景としても、言葉の響きとしてもあざやかです。

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク