倦夜 杜甫

倦夜 杜甫
竹涼侵臥内
野月満庭隅
重露成涓滴
稀星乍有無
暗飛蛍自照
水宿鳥相呼
萬事干戈裏
空悲清夜徂

倦夜 杜甫
竹涼(ちくりょう)は臥内(がだい)を侵(おか)し
野月(やげつ)は庭隅(ていぐう)に満つ
重露(ちょうろ)涓滴(けんてき)を成し
稀星(きせい)乍(たちま)ちに有無
暗きに飛ぶ蛍は自(みずか)ら照らし
水に宿る鳥は相呼ぶ
萬事は干戈(かんか)の裏(うち)
空しく悲しむ清夜(せいや)の徂(ゆ)くを

スポンサーリンク

現代語訳

竹林の涼しさが寝室の内に入って来て、
野の月の光は庭の隅まで満ちている。

葉末の露が滴を成し、
まばらに出た星は輝いたり見えなくなったりする。

暗闇の中に飛ぶ蛍は自分のまわりだけを照らし
水に宿る鳥は互いに呼び合う。

しかし、すべての事は、戦争の中にあるのだ。
私は空しく悲しむ。清らかな夜がふけていくのを。

語句

■竹涼 竹林の涼しさ。  ■臥内 寝室の中。 ■重露 竹の葉末に露がおりること。 ■涓滴 しずく。 ■稀星 まばらに出た星。 ■有無 星が輝いたり見えなくなったすること。 ■自照 自分のまわりだけを照らすこと。 ■干戈 戦争。

解説

広徳二年(764年)、杜甫53歳の作。成都の浣花草堂で過ごす秋の夜を歌っています。前半は「竹」「月」「露」「星」「蛍」「鳥」と、秋の夜の耽美的情緒を具体的な事物によって描き出します。しっとりと落ち着いた、秋の夜の空気が伝わってきます。

そこでひたすら風流を歌った詩かと思いきや、七句目で「しかし、そんな落ち着いた秋の風物だが、すべては戦争の中にあるのだ」…この落ち着いた暮らしの外では、今も戦争が続いているのだと、ひっくり返します。

「干戈」と「清夜」が対象的に用いられています。そして「空しく」の一字によって、戦乱を嘆く杜甫の想いが切実に伝わってきます。

弱々しく光を放つ蛍、水に身をまかせる鳥は、杜甫自身の頼りない身の上の象徴と思われます。