湘夫人 屈原(しょうふじん くつげん)

帝子降兮北渚
目眇眇兮愁予
嫋嫋兮秋風
洞庭波兮木葉下

帝子 北渚に下れり
目は眇眇として予れを愁えしむ
嫋嫋たる秋風
洞庭 波だちて木葉下る

現代語訳

その昔、帝王堯の姫御子湘君は
ここ洞庭湖の北岸に降臨されたという。

今、その向う岸を眺めやると景色は霞み、
私の心は悲しみに暮れるのだ。

なよなよと吹く秋風に洞庭湖の水は波立ち、
木の葉が舞い降りている。

スポンサーリンク

解説

『楚辞』の「九歌」の中の一篇。
男神の湘君が女神の湘夫人を慕って歌う歌。
その冒頭部分です。

屈原(BC340-BC278?)。春秋戦国時代の楚の政治家・詩人。
名は平。字は原。楚の王族出身。

当時の楚は、西の秦と同盟するか、東の斉と同盟するか、
意見が割れていました。

屈原は秦は信用できないとし、斉との同盟を唱えました。
しかし親秦派の讒言にあい、追放されます。

長編叙事詩「離騒」は、政界を離れる時の屈原の気持ちを
反映したものです。

その後、屈原は政界に復帰をはたすも、
秦の謀略家張儀の策略で楚は滅ぼされてしまいます。

祖国を失った屈原は絶望し、
石を抱いて汨羅江(べきらこう)に入水しました。

【洞庭】は洞庭湖。湖南省北東部の景勝。杜甫「登岳陽楼」参照。

朗読:左大臣