去る者は日に以て疎し(さるものはひにもってうとし)

去者日以疎
來者日以親
出郭門直視
但見丘與墳
古墓犁爲田
松柏摧爲薪
白楊多悲風
蕭蕭愁殺人
思還故里閭
欲歸道無因

スポンサーリンク

去る者は日に以て疎く
来る者は日に以て親しむ
郭門を出でて直視すれば
但だ丘と墳とを見るのみ
古墓は犁(す)かれて田と爲り
松柏は摧(くだ)かれて薪と 爲る
白楊 悲風多く
蕭蕭として人を愁殺す
故里の閭に還らんと思い
帰らんと欲するも 道 因る無し

現代語訳

死んだ者は日に日に忘れられ、
生きている者は日に日に親しさを増していく。

城門を出て眺めやれば、
ただ丘と墳墓が見えるだけだ。

古い墓は耕されて田となり、
松や柏は切り倒されて薪となる。

ハコヤナギの木に悲しげな風が吹き付ける。
それはもう悲しげで、胸がつまりそうになる。

故郷に帰りたくは思うのだが、
いかんせん、帰る方法が無い。


古い墓を通りすぎる旅人の感慨。
ここで言う「去る者」は死者のことです。

ことわざ「去る者日々に疎し」は、そこから発展して
「一度遠のいてしまうと、どんどん疎遠になる」という意味になっています。

引越しなどで疎遠になるときに、
よく使うことわざですね。

朗読:左大臣