赤壁 杜牧(せきへき とぼく)

折戟沈沙鐵未銷
自將磨洗認前朝
東風不与周郎便
銅雀春深鎖二喬

折戟(せつげき)沙に沈んで 鉄未だ銷せず
自ら磨洗をもつて 前朝を認む
東風 周郎の与に便せずんば
銅雀 春深うして 二喬を鎖(とざ)さん

現代語訳

砂の中に折れた矛が埋もれていた。
掘り出してみると鉄はいまだにさび付いていない。

自分で磨いてみると、まさに三国時代のものとわかった。

もし赤壁の戦いで、呉の周瑜や蜀の諸葛亮が望んだように東風が吹かなかったら、

美人で名高い大喬・小喬姉妹は魏の宮殿【銅雀台】に捕らえられ、曹操の慰みものにされていただろう。

スポンサーリンク

解説

江南春絶句」「山行」とはうって変わって、三国時代の歴史を下敷きにしたロマンあふれる詩です。

赤壁の戦い(208年)は、孫権・劉備連合軍が曹操軍を破った戦いです。『レッドクリフ』という映画にもなりました。

この時、孫権軍の最高司令官周瑜は、武将黄蓋の策を容れて魏の船団の密集している所を焼き討ちにします。

この策が成功するにはどうしても東南の風が吹くことが必要だったのです。それを孔明が天に祈って風を吹かせたという話です。

「人形劇三国志」で、すごい迫力で祈っている孔明の姿が記憶に残っています。

周瑜公瑾(175年 - 210年)「美周郎」などといわれ、イケメンの印象が強い人です。『レッドクリフ』ではトニー・レオンが演じていました。

大喬・小喬姉妹は呉の喬玄の美人姉妹。 姉の大喬は孫策に、妹の小喬は周瑜に嫁ぎました。 蘇軾「念奴嬌」に周瑜に嫁いだ小喬のことが歌われています。

【折戟】 折れた矛。 【未銷】 まだ錆びていない。
【前朝】 以前の王朝。三国時代。 【銅雀】 曹操の宮殿。銅雀台。

史跡や古戦場を見に行って、シミジミ歴史ロマンに浸る。いい趣味です。

『奥の細道』平泉の章では、芭蕉は平泉で義経主従の悲劇的最後に思いをはせ、涙を流します。この「赤壁」に通じる情緒を感じます。

こちらで朗読しています。

朗読:左大臣