涼州詞 王翰(りょうしゅうのし おうかん)

葡萄美酒夜光杯
欲飲琵琶馬上催
酔臥沙場君莫笑
古来征戦幾人回

葡萄の美酒夜光の杯
飲まんと欲すれば琵琶馬上に催す
酔うて沙上に臥すも君笑うことなかれ
古来征戦幾か回る

現代語訳

葡萄のうま酒を、キラキラと月の光の反射するガラスの杯に注ぐ。
飲もうとすると馬上から琵琶がせきたてるように鳴り響く。

酔いつぶれて砂漠に横たわったからといって、笑ってくれるな。
昔から戦争に行ってどれだけの人が生きて帰ってきたか(ごくわずかだ)。

スポンサーリンク

解説

涼州詞】は玄宗の頃流行した歌謡で、辺境での兵士たちの生活や気持ちを歌ったもの。【涼州】は西域の地名です。

この詩では戦を前にして最後の宴を催す、兵士たちの様子が描かれています。

【葡萄の美酒】は葡萄のうま酒。【夜光の杯】は月の光の反射するガラスの杯。異国情緒をかもし出す道具立てがきいています。

【琶馬上催】は、馬の上で琵琶を弾く者がいる。その景気のいい音が、まるでもっと飲め飲めとせき立てているように思えるのです。

王翰(687-726?)。盛唐の詩人。字は子羽。晋陽(現山西省太原)の人。
宰相の張説の口ききで任官するも放蕩生活を続けたために張説の失脚とともに左遷され、不遇のうちに亡くなりました。かなりお酒好きだったようです。

ほかに王之渙の「涼州詞」も有名です。

朗読:左大臣