念奴嬌 蘇軾(蘇東坡)(ねんどきょう そしょく・そとうば)

大江東去
浪淘盡、千古風流人物
故塁西辺
人道是、三国周郞赤壁
乱石穿空
驚濤拍岸
卷起千堆雪
江山如画
一時多少豪傑
遥想公瑾当年
小喬初嫁了
雄姿英発
羽扇綸巾談笑間
檣櫓灰飛煙滅
故国神遊
多情応笑我
早生華髪
人間如夢
一尊還ソソグ江月

スポンサーリンク

大江 東に去り
浪は淘(あら)い盡くす、千古風流の人物を
故塁 西の辺
人は道う 是れ三國周郞の赤壁なりと
乱石は空を穿(くず)し
驚濤は岸を拍(う)ち
卷き起こす 千堆の雪
江山は画の如し
一時 多少(いくばく)の豪傑ぞ
遥かに想う 公瑾の当年
小喬 初めて嫁し
雄姿 英発せるを
羽扇 綸巾(かんきん) 談笑の間に
檣櫓(しょうろ)は灰と飛び煙と滅えぬ
故国に神(こころ)を遊ばせ
多情 応に我を笑うべし
早くも華髪を生ぜしと
人間はの夢の如し
一尊もて還お江月にそそがん

現代語訳

大河(長江)は東に流れ、波は千年来の風流人たちをすべて
洗い流していった。

古いとりでの西のあたり、
人は言う。これは三国時代、周瑜が戦った赤壁の跡であると。

乱立した石は空を突き崩し、波は岸を打ち、
降り積もった雪を巻き上げる。

川も山も絵に描いたようだ。
かつてあんなにいた豪傑たちは、どこへ消えてしまったのか。

赤壁の戦いの年、周瑜は小喬を嫁に迎えたばかり。
どんなに勇ましい、颯爽とした姿だったろう。

手には羽扇を持ち、頭には絹の頭巾をかぶり、談笑の間に策を練り、
敵の艦隊を焼き尽くして灰燼にした。

今、その赤壁の古戦場で思いを廻らせている。
思いいれの激しさゆえに白髪になったと笑う人もいるかもしれない。

人生は一時の夢のようなものだ。
まずこの酒樽を江上の月に注ごう。

解説

赤壁の戦いにおける周瑜を歌った詩です。208年、長江の赤壁において曹操軍と劉備・孫権連合軍が争います。

周瑜(175-210)。字は公瑾。呉軍の最高司令官。「美周郎」などといわれ、イケメンの印象の強い人物です。

小喬は呉の美人姉妹として知られていた大喬・小喬の妹のほう。小喬は周瑜に、姉の大喬は孫策に嫁ぎました。

杜牧「赤壁」では、赤壁の戦いにおける「if」が展開されています。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク