飲湖上初晴後雨 蘇軾(こじょうにいんすはじめはれのちにあめふる そしょく)

飲湖上初晴後雨
水光瀲艶晴方好
山色空濛雨亦奇
欲把西湖比西子
淡粧濃抹總相宜

湖上に飲す初晴後に雨(ふる)
水光瀲艶として晴れてまさに好く、
山色空濛として雨もまた奇なり。
西湖を把て西子に比せんと欲すれば、
淡粧濃抹すべて相よろし。

現代語訳

水面がキラキラと輝き、さざなみが揺れている。
晴れた日の西湖は実に素晴らしい。

また霧雨で山の色が朦朧とにじんでいる、
雨の日の西湖も味わい深いものだ。

西湖の様子を伝説的な美女【西施】に比べようとすれば、
薄化粧も厚化粧も、どちらも似合っていて、素晴らしい。

スポンサーリンク

解説

湖上にぽつねんと舟を浮かべて酒を飲んでるのでしょうか。いい雰囲気です。西湖は杭州にある湖。沿岸に「西湖十景」という景勝地があります。「琵琶湖八景」みたいですね。

マルコポーロがその美しさを讃えたことでも有名です。

【水光】 湖の水面が輝いているさま。
【瀲エン】 れんえん。さざ波が揺れているさま。

【山色】 山の色。 【空濛】 朦朧としたさま。
【奇】 めずらしい。独特の趣がある。

【西施】 春秋時代の伝説的な美女。 【欲】 ~しようとする。

【淡粧】 薄化粧。 【濃抹】 厚化粧。
【相宜】 ふさわしい。適合している。

蘇軾(1036-1101)。宋代の政治家・詩人。「蘇東坡」と呼ばれます。「春宵一刻値千金」の言葉は蘇軾の詩「春夜」の出だしです。日本では歌舞伎の石川五右衛門の台詞「絶景かな絶景かな春の宵は値千金といえども…」」で知られていますね。

【西施】は中国春秋時代の伝説的な美女。越王勾践が呉王夫差を堕落させるために送ったといいます。

呉王夫差は西施の色気にすっかり骨抜きにされ、呉の国力は弱まりついに越に滅ぼされたということです。

松尾芭蕉は『奥の細道』松島の章で松島の景色を洞庭・西湖にならべて絶賛しています。

象潟の章ではこの「飲湖上初晴後雨」を引用しています。

『奥の細道』松島
『奥の細道』象潟
↑こちらで朗読しています。

夕方の雑司が谷霊園で録音しました。さすがに自動車の音が激しいですね。でも墓地は人通りが少なくて、声を出すにはいい環境です。

≫再録しました。今度は和室です。言葉の意味を最初はあまり理解してなかったので、よく調べた上で読みました。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク