富士山 石川丈山

仙客来遊雲外巓
神龍棲老洞中渕
雪如ガン素煙如柄
白扇倒懸東海天

仙客來り遊ぶ雲外の巓
神龍栖み老ゆ洞中の淵
雪はガン素の如く煙は柄の如し
白扇倒に懸かる東海の天

現代語訳

雲の上に突き出した富士山の頂には、
仙人が来て遊ぶという。

洞窟の中の淵には久しく神龍が
棲んでいるという。

頂に積もった雪は扇の白絹のようであり、
立ち上る煙は扇の柄のようだ。

ちょうど白い扇をひっくり返して
東海の天にかけたような、
そんな景色に見えるのだ。

スポンサーリンク

解説

頼山陽「不識庵機山を撃つの図に題す」と並び、
詩吟初心者が習うものです。
富士山の雄大な景色。扇のたとえが見事です。

【仙客】 仙人。 【雲外巓】雲の上に突き出した嶺。
【棲老】 久しく棲んでいる。 【洞中渕】 洞穴の中の淵。

【ガン素】 ガンは「糸」に「丸」。白い練絹。
【柄】 扇の柄。

【白扇】 白い扇。 【倒】ひっくり返して。

石川丈山(1583~1672)江戸時代初期の文人・漢詩人。
儒者・書家・茶人・造園家としても知られます。

徳川譜代の家に生まれ、若くして徳川家康の近侍となります。
しかし大阪夏の陣で軍律違反を犯したため、蟄居を命じられ、
これをきっかけに出家。

出家の後も老母を養うために一時的に任官するも、
老母の死後は洛北の一乗寺村に庵(凸凹庵)を結び、
本格的な隠遁生活に入りました。

90歳で亡くなるまで生涯めとらず、
学問と風流に生きました。

個人的に石川丈山の経歴には非常な共感をおぼえます。
なんとすばらしい人生でしょうか!
風流を愛し…そして生涯未婚というのがすばらしい!

人生の大先輩ってかんじがします。

徳富蘇峰「阿蘇山」
↑こちらは熊本の阿蘇山を詠んだ歌です。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク