桂林荘雑詠 広瀬淡窓(けいりんそうざつえい ひろせたんそう)

休道他郷多苦辛
同袍有友自相親
柴扉暁出霜如雪
君汲川流我拾薪

道(い)うを休(や)めよ 他郷苦辛多しと
同袍 友有り 自ら相親しむ
柴扉 暁に出づれば 霜雪の如し
君は川流を汲め 我は薪を拾わん

現代語訳

故郷を離れて苦労が多いなんて、そんなこと言うな。
ここには志を同じくする仲間がいる。
助け合いの楽しみも自然と生まれてくる。

夜明けに柴の戸を押して外に出ると、霜が雪のように積もっている。
君は川の水を汲んできてくれ。僕は薪を拾ってくるから。

スポンサーリンク

解説

塾で学んでいる、共同生活です。苦労もあるが、みんなでワイワイ。
役割分担して、楽しいのです。

【休道】 言うをやめよ。
【他郷】 異国。李白「客中行」に「不知何處是他郷」と。
【苦辛】 苦労。 

【同袍】 一枚の綿入れ(どてら)を共有するほどの親しい仲間。
【自】 自然と。 【相親】 お互いに親しむ⇒助け合い。

【柴扉】 柴の戸。 【川流】 川の水。

広瀬淡窓(1782-1856)。江戸時代の儒学者・漢詩人。豊後国日田の人。淡窓は号。 身分に関係無く学べる私塾「咸宜園(かんぎえん)」を開き教育に励みました。

「桂林荘」は、その「咸宜園」の前身となった塾です。

高野長英、中島大華、大村益次郎らを輩出しました。
全国から集まった門人は、のべ四千人にものぼりました。

この詩を読むとぼくは子供のころの夏のキャンプを思い出します。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク