秋浦の歌 李白(しゅうほのうた りはく)

秋浦歌
白髮三千丈
縁愁似箇長
不知明鏡裏
何處得秋霜

秋浦の歌
白髪三千丈、
愁いに縁りて箇くのごとく長し。
知らず明鏡の裏(うち)、
何れの處にか秋霜を得たる。

現代語訳

三千丈もあろうかという私の白髪は、 長年の愁いによってこんなにも長くなってしまった。

鏡の中にいるのは確かに自分のはずだが、全く知らない誰かを見るようだ。

どこでこんな、秋の霜のような白髪を伸ばしてしまったのか。

解説

秋浦は地名。安徽省貴池県の西南。晩年の李白が放浪の末にたどり着いた地です。「秋浦詩」十七首の連作。その十五首目がこれです。

白髪三千丈」…この表現だけがやたら有名で、中国人の大げさっぷりを揶揄する際に引用されたりしますが、この詩の背景を考えるとこれはユーモアなどではなく、深い孤独感と悲しみの表れだと思います。

長安の玄宗皇帝のもとで活躍していた頃の天才詩人李白ということを考えると、晩年の孤独な姿がよりいっそう、悲壮なのです。

そのへんを考えて、重苦しい感じで朗読しました。

【明鏡裏】 鏡の中に。「裏」は中。
【秋霜】 秋の霜のような白髪。

張九齢「鏡に照らして白髪を見る」は、かなり近いテーマです。

朗読:左大臣

【中国語つき】 漢詩の朗読 無料ダウンロード

杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の日本語と中国語による朗読・解説テキストを無料でダウンロードできます。

漢文書き下しに加え、現代語訳がありますので、楽しみながら内容がわかります。

≫詳しくはこちら

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら

京都で学ぶ歴史人物講座【紫式部】2020年2月1日開催

歴史上の人物を毎回一人ずつとりあげて、その生涯・逸話(エピソード)・ゆかりの地など解説していきます。

今回(第四回)は「紫式部」です。一条天皇中宮彰子に仕えた女房。『源氏物語』の作者。おそらく世界でもっとも有名な女流文学者でありながら、その生涯は謎に包まれています。

今回は会場の皆様と『紫式部日記』『紫式部集』などを声を出して読みながら、平安王朝文化に思いを馳せ、謎の多い紫式部の生涯に、迫っていきます。

≫詳しくはこちら