愛酒詩 坂本龍馬

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

酒者可呑酒可飮
人生只有酒開膽
醉中快樂人無知
大地爲蓐天爲衣
英雄生涯眞乎夢
厭迄呑酒醉美姫

酒は呑む可し 酒飲む可し
人生 只だ酒有りて膽(むね)を開く
醉中の快楽 人 知る無し
大地を蓐(しとね)と爲(な)して 天を衣と爲す
英雄の生涯 真(まこと)に夢なりて
厭く迄酒を呑みて 美姫に 醉はん

現代語訳

もうトコトン呑みまくろう。
人生で心を開いてざっくばらんになれるのは酒だけだ。

ヨッパライの楽しみを世間の人が理解しなくたって、かまうものか。
大地を敷布団に、天を衣として、豪快に呑みまくろう。

英雄の生涯はまったく夢のようなものだ。
とにかく酒を呑んで、美女に酔いしれよう。

解説

坂本龍馬らしい豪快な歌いっぷりです。土佐は特にお酒で有名な地ですからね。龍馬もきっと、ジャンジャン呑んだのでしょう。

【只有】 ただ~だけがある。

【開膽】 【膽】はキモ。胆。心を開く。胸襟を拡げる。
「キモを開く」じゃあんまりカッコ悪いから思わず「胸を開く」と読みました。
でもたぶん、「キモを開く」が正しい。

【醉中快樂】 ヨッパライの楽しみ。
【大地爲蓐天爲衣】 大地を敷布団に、天を衣とする。

漢詩にはとにかく酒の詩が多いですが、代表的なものでは李白「月下独酌」曹操「短歌行」。これらは実に酒が進む。ついついもう一杯飲みたくなります。

次の漢詩「辞世 吉田松陰

朗読:左大臣光永

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
【古典・歴史】メールマガジンはこちら