柳州二月榕樹葉落尽偶題 柳宗元

柳州二月榕樹葉落尽偶題
宦情覊思共凄凄
春半如秋意転迷
山城過雨百花尽
榕葉満庭鶯乱啼

柳州二月 榕樹の葉 落ち尽くす 偶題す
宦情 覊思 共に凄凄たり
春半ばにして秋の如く 意 転た迷う
山城 雨過ぎて百花尽き
榕葉 庭に満ち 鶯乱れ啼く

現代語訳

役人仕事の窮屈さ、故郷を遠く離れていることから来る憂い。
どちらも侘しい限りだ。

まだ春半ばだというのに、秋のような気候だ。
どうにも落ち着かない。

山あいの町を雨が通りすぎて、花は落ちつくしてしまう。
ただ榕樹の葉だけが庭に満ち、鶯がさかんにさえずっている。

解説

左遷先でのわびしい感じです。

榕樹柳州は広西省壮族自治区柳州市。榕樹はクワ科の常緑高木。

柳宗元「江雪」
代表作。永州に左遷されていたころの作か。

朗読:左大臣

発売中

■李白 詩と生涯
https://sirdaizine.stores.jp/items/53cd5aa68a56102f0f002347

■杜甫 詩と生涯
https://sirdaizine.stores.jp/items/562c7d443cd4826a7a007eca

李白・杜甫の代表的を日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたパソコン用CD-ROMです。通して聴くと、詩とともに李白・杜甫の人物像が浮かび上がってきます。