琴を弾ずるを聴く 劉長卿

聽彈琴
レイレイ七弦上
靜聽松風寒
古調雖自愛
今人多不彈

琴を弾ずるを聴く
レイレイたり 七絃の上
静かに 松風の寒きを 聴く
古調 自ら愛すべしと雖も
今人 多くは弾ぜず

現代語訳

七弦の琴の奏でる清らかな音色に耳を傾ける。
静かに聴いていると、寒々とした松風の響きのように快い。

こういう伝統的な調べは実に愛すべきものだが、
今の人はあまり弾かないのだ。

解説

琴の音色が響いてきそうな詩です!

同じく琴の音が印象的な作品として…
王維「竹里館」は、竹林の中で
琴を奏でて風流のきわみです。

『平家物語』「小督」の章では、琴の音が物語の鍵になっています。
「峰の嵐か松風か…」ではじまる名文が、よく知られています。

朗読:左大臣

発売中

■李白 詩と生涯
https://sirdaizine.stores.jp/items/53cd5aa68a56102f0f002347

■杜甫 詩と生涯
https://sirdaizine.stores.jp/items/562c7d443cd4826a7a007eca

李白・杜甫の代表的を日本語と中国語で朗読し、現代語訳と解説を加えたパソコン用CD-ROMです。通して聴くと、詩とともに李白・杜甫の人物像が浮かび上がってきます。