馬上少年過ぐ 伊達政宗(ばじょうしょうねんすぐ だてまさむね)

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

馬上少年過
世平白髪多
残躯天所赦
不楽是如何

馬上少年過ぐ
世平らかにして白髪多し
残躯天の赦す所
楽しまずして是を如何にせん

現代語訳

戦場に馬を馳せた青春の日々は遠く過ぎ去った。
今や天下は泰平。俺の髪の毛はすっかり白くなった。

生き残ったこの身の処し方くらい、どうしようと天は許してくれる。
楽しまないでどうするというのだ。

解説

伊達政宗が、晩年の述懐を詠んだ詩とされます。

【残躯】は、戦国の世を生き延びて老後を迎えた我が身のこと。

司馬遼太郎の短編『馬上少年過ぐ』で効果的に引用されています。

次の漢詩「偶作 武田信玄

朗読:左大臣光永

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
■【古典・歴史】メールマガジンはこちら
■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら