白楽天「客中月」 ほか

こんにちは。左大臣光永です。本日は久しぶりに漢詩の朗読です。

白楽天の「客中月(かくちゅうのつき)」ほかをお届けします。

「客中」は「旅の途中」の意味。「客中月」で、旅の途中に見た、月ということです。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Hakurakuten13.mp3

客中月 白楽天
客従江南来
来時月上弦
悠悠行旅中
三見清光円
暁随残月行
夕与新月宿
誰謂月無情
千里遠相逐
朝発渭水橋
暮入長安陌
不知今夜月
又作誰家客

客中の月 白楽天
客(かく) 江南従(よ)り来たる
来たる時 月 上弦なりき
悠悠たる行旅(こうりょ)の中(うち)
三たび清光(せいこう)の円(まどか)なるを見る
暁(あかつき)には残月に随(したが)いて行き
夕(ゆうべ)には新月と宿りぬ
誰(たれ)か謂(い)う 月に情無しと
千里 遠く相逐(あいお)えるに
朝(あした)に渭水(いすい)の橋を発(た)ち
暮(くれ)に長安の陌(まち)に入る
知らず 今夜の月
又(また)誰(た)が家の客と作(な)るかを


【現代語訳】
旅人である私は江南から来た。
来た時は、上弦の月が出ていた。
悠々たる旅路のうちに、
三度、月が満月になるのを見た。
暁は残月に従って出発し、
夜は新月とともに休む
誰が言うのだ。月に情が無いなんて。
月は千里の道のりを私に従ってきてくれたのに
朝に渭水にかかる橋を渡り、
暮れには長安の町に入る。
私は知らない。今夜の月はどうなるかを。
また誰の家の客人となるかを


【語句】
■客中 旅行中。 ■江南 長江下流域。蘇州(江蘇省)あたり。 ■清光 月の明かり。 ■逐 おいかける。したがう。 ■渭水 長安城の西にかかる橋。長安から西へ行く旅人は渭水にかかる橋をわたって出発した。東からの旅人が長安に入る時にわたるのは渭水でなく灞水(はすい)。白楽天の記憶違いか?  ■陌(ハク) 街路。東西にのびる道。南北にのびる道は阡(セン)。


【解説】
江南(長江下流域)から長安まで向かう旅路を歌った詩です。おそらく蘇州か杭州から出発し、大運河を利用して、黄河に入り、洛陽から長安までは陸路で行ったのでしょう。月を擬人化してとらえ、千里を旅路をしたがってくれたと見るところが洒落ています。

江南→長安
江南→長安

もう一篇、渭水のほとりから西へ旅立っていく旅人を見送る有名な詩です。

送元二使安西 王維
渭城朝雨潤輕塵
客舎青青柳色新
勧君更盡一杯酒
西出陽關無故人

元二の安西に使するを送る
渭城の朝雨 軽塵を潤し
客舎青青柳色新たなり
君に勧む更に盡くせ一杯の酒
西のかた陽關を出ずれば故人無からん


【現代語訳】
渭城の朝の雨が軽い砂埃を潤している
旅館の前の柳の葉色も雨に洗われて瑞々しい
君にすすめる。
昨夜は大いに飲み明かしたが、
ここでもう一杯飲んでくれ。
西域地方との境である陽関を出れば、
もう友人は一人もいないだろうから。

長安→渭城→陽関→安西
長安→渭城→陽関→安西


【語句】
■元二 「元」は姓。「二」は次男であることを表す「排行」。「排行」とは同性の一族に年齢順に番号をふったもの。「元二」氏の本名はわかっていない。 ■安西 安西都護府。西域に対する守護にあたった。現在の新疆ウイグル自治区のトルファンにあったが、玄宗皇帝の時代にもっと西の庫車(クチャ)に移さた。 ■渭城 渭水を挟んで唐の都長安と向かい合う街で現在の陝西省咸陽市。咸陽の別名。長安から西方に旅立つ人をここで見送る習慣だった。 ■朝雨 朝の雨。■軽塵  軽い砂埃。 ■客舎青青柳色新たなり  「客舎」は旅館。その旅館の前の「柳色」(柳の色)が「青青」(青々としている)。印象的に残る描写。「柳」は別れを想起させるイメージ。中国では送別の時に柳の葉で輪を作って贈る習慣があり「柳」には「別れ」のイメージが結びつく。 ■陽関 敦煌の西南約70キロにある天山南路の関所。一方、天山北路の関所は玉門関(「子夜呉歌」李白)。いずれも西の最果て。その先はひたすら砂漠となる。地の果て、というニュアンス。 ■故人 古くからの友人の意。漢詩には頻出する言葉。「死んだ人」の意味ではない。


【解説】
【元二】は、「元」家の次男という意味の「排行」(同性の一族に年齢順に番号をふったもの)で「元」家の「次郎さん」のことです。【元二】氏の本名はわかっていません。

その元二氏が【安西都護府】西域地方に対する辺境守備隊に、書状をたずさえて、使者として旅立っていくのです。

王維はその元二氏を渭水をはさんで長安と向かい合う渭城まで見送ります。西へ旅立つ旅人を、ここ渭城まで見送る習慣でした。

王維と元ニ氏は旅館で一晩飲み明かして、いろいろな話をして、翌朝。いよいよ出発です。

「客舎青青柳色新」…旅館の前の、しっとり雨に濡れた柳の青が印象的に描かれています。

古来、中国では人を見送る時、柳の枝を折って旅人の安全を願って、持たせる習慣があります。なので、「柳」は「別れ」のイメージに直接結びつくのです。

「君に勧む更に盡くせ一杯の酒」が、いかにもカーーッと熱いものがこみあげます。この転句は、思いっきり腹の底から声を出したいところです。酒好きにはたまらないものがあります。

販売終了間近

中国語朗読つき 李白 詩と生涯
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html

中国語朗読つき 杜甫 詩と生涯
http://sirdaizine.com/CD/TohoInfo.html

オンライン版に移行につき、CD-ROM版は今年いっぱいの販売となります。CD-ROM版をご希望の方はお早めにお申し込みください。

朗読:左大臣