田園楽 王維

田園楽 王維

桃紅復含宿雨
柳緑更帯春煙
花落家僮未掃
鶯啼山客猶眠

桃は紅にして復た宿雨(しゅくう)を含み
柳は緑にして更に春煙(しゅんえん)を帯ぶ
花落ちて家僮(かどう)未だ掃はず
鶯啼いて山客(さんかく)猶お眠る

桃は紅く染まり、そして昨夜からの雨を含んでみずみずしく、
柳は緑に芽吹き、さらに春霞を帯びて、しっとりしている。
花びらが庭先に落ちているが、召使いはまだ掃除もしない。
鶯が啼くが、隠者はまだ眠っている。

六言絶句というめずらしい形式の詩です。隠者の境地を歌った詩で、陶淵明の影響がみられます。

次の漢詩「山居秋暝

朗読:左大臣光永