山居秋暝 王維

山居秋暝 王維

空山新雨後
天氣晩來秋
明月松閒照
清泉石上流
竹喧歸浣女
蓮動下漁舟
隨意春芳歇
王孫自可留

空山新雨の後
天氣晩來秋なり
明月松閒に照り
清泉石上に流る
竹喧(さわが)しくして浣女(かんじょ)帰り
蓮動いて漁舟(ぎょしゅう)下る
隨意なり春芳(しゅんぽう)の歇(や)むこと
王孫自(みずか)ら留まるべし

人気のない山の雨上がり、
空気が澄み渡り、夕暮れ時、秋の気配が漂ってきた。
名月は松の間に照り、
清らかな泉が石の上を流れている。
竹林のむこうが騒がしいのは、洗濯女たちが帰っていくのだ。
蓮がさわさわ揺れるのは、釣船が川を下っていくのだ。
春の花は勝手に散ってしまえばよい(こんなに秋の風情がよいのだから)。
詩に言う。王孫は春の草花を愛でてその地に留まったと。
しかし若旦那たる私は、春の草花など関係なく、留まるだろう。

■秋暝 秋の夕暮れ。 ■空山 人のいない山。 ■新雨 雨上がり。 ■天気 すみわたった空気。 ■晩来 夕暮れ時。 ■浣女 洗濯女。春秋時代の伝説的な美女、西施のイメージ。 ■春芳 春の花。 ■王孫 若旦那。王維自身をさす。『楚辞』招隠士「王孫遊んで帰らず、春草生じて萋萋たり」をふまえる。

……

王維が長安郊外に所有していた別荘「輞川荘」の秋の風情を詠んだ歌。

次の漢詩「除夜の作

朗読:左大臣光永