雨中登岳陽楼望君山 黄庭堅

雨中登岳陽楼望君山
投荒万死鬢毛斑
生出瞿塘エンヨ関
未到江南先一笑
岳陽楼上対君山

雨中 岳陽楼に登って君山を望む
荒に投じて 万死 鬢毛 斑らなり
生きて瞿塘エンヨ関を出づ
未だ江南に到らざるに先ず一笑し
岳陽楼上 君山に対す

スポンサーリンク

現代語訳

野蛮な地に追放されて何度も死ぬような目にあい、
鬢の毛には白いものが混じってきた。

だがなんとか、生きて三峡の難所・
エンヨ関を抜けることができた。

まだ江南には至らないが笑いがこみ上げてくる。
岳陽楼に上って、洞庭湖に浮かぶ君山に向かい合う。


【洞庭湖】は湖南省北東部の景勝。
【岳陽楼】はそのほとりに立つ三層の楼台。

杜甫「登岳陽楼」孟浩然「望洞庭湖贈張丞相」が、
洞庭湖・岳陽楼を詠んだ詩の双璧とされます。

【君山】は洞庭湖の中にある小島。

朗読:左大臣