大風歌 漢高祖劉邦(たいふうのうた かんのこうそ りゅうほう)

大風起兮雲飛揚
威加海内兮歸故鄕
安得猛士兮守四方

大風起って 雲飛揚す
威は海内に加はって故郷に歸る
安くにか猛士を得て四方を守らしめん

現代語訳

激しい風が起こって、雲が舞い上がった。
(そのように戦乱が起こったが、ようやく平定することができた)

今やわが威光は天下に知れわたり、こうして故郷に帰るのだ。

さあどこで武勇に優れた勇者を集めて
これから国を守っていこうか。

スポンサーリンク

解説

BC202年劉邦は宿敵項羽を垓下の地に破り漢の皇帝(高祖)として即位します。

その後、韓信(かんしん)・彭越(ほうえつ)など建国に功のあった諸侯を粛清し、BC196年、淮南王英布(黥布 えいふ・げいふ)の反乱を鎮圧し国家の基盤を固めます。

その帰り道、故郷に近い沛で酒宴を催した劉邦が、感激に涙を流しながらが歌ったとされるのがこの「大風の歌」です。故郷に錦を飾ったのです。

一方、項羽が敗れる時の歌が「垓下の歌」です。こちらは悲痛です。

【大風起】 建国のための激しい戦いがあったことを示す。
【威】 威光。 【海内】 天下。
【兮】 語調を整える言葉。『詩経』や『楚辞』の詩に多い。

【安】 いずくにか。どこで~しようか。 【猛士】 武勇に優れた勇者。

司馬遼太郎作『項羽と劉邦』は『史記』を下敷きにしながら、二人の性格がより掘り下げられていました。

朗読:左大臣