李白「静夜思」ほか二篇

スポンサーリンク

静夜思 李白
牀前看月光
疑是地上霜
擧頭望山月
低頭思故郷

静夜思 李白
牀前月光を看る
疑うらくは是地上の霜かと
頭を挙げて山月を望み
頭を低(た)れて故郷を思う

現代語訳

寝台の前に月光が差している。まるで地表を霜が覆っているかと見まがうほどだ。

頭を上げて山ぎわにかかる月を見ていると、だんだん頭が垂れてきて 気が付くと故郷のことをしみじみ思っていた。

語句

■牀 「床」に同じ。寝台。 ■疑是 ~と疑われるほどである。

解説

「静夜思」は楽府題の一つです。「楽府」とは、もともと前漢時代くらいから宮中に設置された音楽担当の役所ののことです。

この「楽府」という役所では各地の歌謡や民謡を収集し研究していました。そこで後には楽府で収集された歌謡や民謡のことをも「楽府」と呼ぶようになりました。「楽府題」は「楽府」のお題のことです。

お題…つまり、「静夜思」というタイトルの曲があり、そこに色々な人がいろいろな歌詞をつけたわけです。

李白が31歳の時、安陸(湖北省安陸市)の小寿山にいたときの作といわれます。

訳の必要もないくらいわかりやすく、日本でも大変に人気が高いですね。派手な表現もなく、しっとりした落ち着いた感じが、日本でも受け入れられやすいのだと思います。

転句と結句が対になっています。「頭を挙げて山月を望む」そして山月を見ていると、だんだん、知らず知らずのうちに頭がさがってきます。

そして気が付いたらうつむいて、故郷のことを考えていた…「山を見て」→「故郷を思う」までかなり時間経過があるのがポイントです。

清代の『唐詩三百選』では、起句が「牀前明月光(牀前明月の光)」、転句が「擧頭望明月(頭を挙げて明月を望み)」になっています。日本でなじみ深いこの形は明代の『唐詩選』によります。

私はやはり清代のよりこの形が好きです。「明月」を二回繰り返すのは、イキじゃないと思います。


もう一首、似たテーマの詩です。

玉階怨 李白
玉階生白露
夜久侵羅襪
却下水精簾
玲瓏望秋月

玉階怨 李白
玉階に白露生じ
夜久しくして羅襪(らべつ)を侵す
却下す水精(すいしょう)の簾(れん)
玲瓏(れいろう)として秋月を望む

現代語訳

玉階怨 李白
宮殿の玉のきざはしに白露が降りてまいりました。
夜が更けて、薄絹の靴下が濡れます。
水晶の暖簾を下ろして、
暖簾ごしに秋の月を眺めております。

語句

■玉階怨 宮廷に仕える女性の満たされる思いを歌う楽府題。「玉階」は白玉(大理石)の階。階は宮中で、庭から室内へ上がる短い階段。「怨み」は満たされない思い。 ■羅襪 薄絹の靴下。 ■水精 水晶。 ■却下 さっと下げる。 ■玲瓏 透明に光り輝くさま。

解説

「玉階怨」は宮廷に仕える女性の満たされない思いを詠む楽府題。楽府題は詩のお題のことです。「玉」は大理石。「階」は庭から室内へ上がる短い階段。「怨」は満たされない思い。

宮廷につかえる女性が、愛しい人のことを思ってか、あるいは故郷をなつかしんでか、秋の夜、しっとりと物思いに沈んでいるのです。夜空にはこうこうと輝く秋の月。

だめだわ。これ以上月を見ていたら、気持ちがいっぱいになってしまう。そこで女はさっと水晶の簾を下ろした。しかし、簾ごしに、透明感のある月がなおも見えていて、女のわびしい気持ちいっそう掻き立てる…そんな内容です。


同じテーマの詩をもう一首。

怨情 李白
美人巻珠簾
深坐【口+頻】蛾眉
但見涙痕濕
不知心恨誰

怨情 李白
美人 珠簾(しゅれん)を巻き
深く坐して蛾眉(がび)をヒソむ
但(ただ)見る涙痕の濕(うるお)うを
知らず心に誰をか恨む

現代語訳

満たされない思い 李白
美人が珠の簾を巻き上げて、
深く座り美しい眉をひそめている。
よく見ると。涙の跡が濡れたままだ。
心に誰を恨んでいるのか。それはわからない。

語句

■怨情 満たされない思い。 ■蛾眉 蛾の触覚のような美しいカーブを描いた眉で美人の象徴。

解説

「玉階怨」と同じく、宮中にいる女性の満たされない思いをしっとりとロマンチックに描きます。「蛾眉」は蛾の触覚のような美しいカーブを描いた眉で美人の象徴です。

発売中です。

中国語朗読つき 李白 詩と生涯
http://sirdaizine.com/CD/Rihaku01.html

李白の有名な詩33篇を、漢文書き下しと中国語、現代語訳で朗読しました。それぞれの詩の詠まれた背景も、詳しく解説していますので、いっそう李白の詩の世界が身近に親しみ深く感じられるはずです。

そして

南北朝の動乱と室町幕府
http://sirdaizine.com/CD/His05.html

室町幕府前期の解説音声です。初代足利尊氏から、六代足利義教まで。一話10分程度に区切って、わかりやすく解説しました。これから京都を訪れたい。金閣寺・銀閣寺。歴史的背景を知った上で、もう一度京都を旅してみたい、という方にもおすすめです。

本日も左大臣光永がお話しいたしました。
ありがとうございます。ありがとうございました。

朗読:左大臣

スポンサーリンク