霊澈上人を送る 劉長卿

送霊澈上人
蒼蒼竹林寺
杳杳鐘声晩
荷笠帯夕陽
青山独帰遠

霊澈上人を送る
蒼蒼たる竹林寺
杳杳たる鐘声の晩
笠を荷って夕陽を帯び
青山に独り帰ること遠し

現代語訳

鬱蒼と茂った竹林の中の竹林寺。

はるか遠くから鐘の音が響いてくる、
そんな晩のこと。

笠を背中に負って夕陽の光をまとい、
青々とした山に一人帰っていく霊澈上人。
その後ろ姿はしだいに遠のいていく。

スポンサーリンク

解説

劉長卿(709?-785?)。字は文房。河間の人。733年の進士。
性剛直で権力者に逆らったため一時投獄される。
五言句を得意とし、「五言の長城」と称せられた。

【霊澈上人】は当時有名だった詩僧。【竹林寺】は江蘇省鎮江市の古刹。

飄然とした僧の後姿が目にうかぶようで、大好きな詩です。
「鐘声の晩」といえば張継「楓橋夜泊」を思い出さずにはいられません。

朗読:左大臣