雪に逢って芙蓉山主人のもとに宿る 劉長卿

逢雪宿芙蓉山主人
日暮蒼山遠
天寒白屋貧
柴門聞犬吠
風雪夜帰人

雪に逢って芙蓉山主人のもとに宿る
日暮れて蒼山遠く
天寒くして白屋貧し
柴門に犬の吠ゆるを聞く
風雪 夜帰の人

スポンサーリンク

現代語訳

日が暮れて山は暗くなってきた。
山道は遠く、寒い。

茅葺きの貧しい民家がある。
柴の折戸のところで犬の吠えるのが聞こえる。

この吹雪の夜に、誰かが帰ってきたらしい。


雪山の旅の一こま。わびしい感じです。

ほかに侘しい雪の詩…
柳宗元「江雪」

朗読:左大臣