雪に逢って芙蓉山主人のもとに宿る 劉長卿

逢雪宿芙蓉山主人
日暮蒼山遠
天寒白屋貧
柴門聞犬吠
風雪夜帰人

雪に逢って芙蓉山主人のもとに宿る
日暮れて蒼山遠く
天寒くして白屋貧し
柴門に犬の吠ゆるを聞く
風雪 夜帰の人

スポンサーリンク

現代語訳

日が暮れて山は暗くなってきた。
山道は遠く、寒い。

茅葺きの貧しい民家がある。
柴の折戸のところで犬の吠えるのが聞こえる。

この吹雪の夜に、誰かが帰ってきたらしい。


雪山の旅の一こま。わびしい感じです。

ほかに侘しい雪の詩…
柳宗元「江雪」

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク