胡隠君を尋ぬ 高啓(こいんくんをたずぬ こうけい)

尋胡隠君
渡水復渡水
看花還看花
春風江上路
不覚到君家

胡隠君を尋ぬ
水を渡り復た水を渡る
花を看 還た花を看る
春風江上の路
覚えず君の家に到る

現代語訳

いくつもの川を渡りあちこちの花を見ながら
春風そよぐ水際の道を歩いていく。
気がついたら君の家にたどりついていた。

スポンサーリンク

解説

友人の胡さんを訪ねて歩いていくのです。この隠者感覚。
暇人どうしの交わり。ノンビリ感。すばらしいです。
春先には思い出したい詩です。

【胡隠君】 胡は苗字。隠君は隠者。
【春風江上の路】 春風がそよぐ水際の道。
【覚えず】 それと意識しないうちに、気づいたら。

高啓(1336-1374)。明代を代表する詩人です。字は季廸(きてき)。江蘇省蘇州の人。号は高青邱。幼少の頃から秀才のほまれが高く、明の太祖の命で『元史』の編纂に関わります。

その才を認められ戸部侍郎に抜擢されるも辞退し、田舎に引きこもります。

その後、太祖の好色を揶揄する詩を作ったことで罪に問われ、腰斬の刑に処せられます。齢39。

腰斬ですよ!腰斬!!胴体をノコギリで切断されたんです!
((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

このサワヤカな詩とは裏腹に、すさまじい最期だったのです…。

朗読:左大臣