送呂卿(呂卿を送る) 高啓(ろけいをおくる こうけい)

遠汀斜日思悠悠
花払離觴柳払舟
江北江南芳草遍
送君併得送春愁

遠汀(えんてい) 斜日(しゃじつ) 思い悠悠
花は離觴(りしょう)を払い 柳は舟を払う
江北 江南 芳草(ほうそう)遍(あまね)し
君を送って 併せて春愁を送るを得たり

現代語訳

遠い渚に夕陽が斜めに差し、悠然とした思いがこみ上げる
花は別れの杯を払って散り、柳は舟を撫でかすめる。

江南も江北でも、そこらじゅうで草がぼうぼうに茂っている。
君を送ることで、春の愁いをも拭い去ることができた。

スポンサーリンク

解説

胡隠君を尋ぬ」で知られる高啓作の送別歌です。「呂卿」が何者かはわかってません。

高啓(1336-1374)。字は季廸(きてき)。江蘇省蘇州の人。号は高青邱。明代を代表する詩人です。

幼少より秀才の誉れが高く、太宗の下で『元史』の編纂に関わったりしましたが、無礼な詩を詠んだ罪で、腰斬の刑に処せられました。39歳でした。

腰斬…胴体をノコギリでギリ斬るんです…。血や内蔵がドバーと溢れて、しかもなかなか死なず、苦痛が長続きするそうです。 (((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

高啓はノンビリした風流な詩を書く人だな…という程度しかぼくは知らなかったので、その壮絶な最期を知った時はショックでした。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク