建徳江に宿す 孟浩然(けんとくこうにしゅくす もうこうねん)

宿建徳江
移舟泊烟渚
日暮客愁新
野曠天低樹
江清月近人

建徳江に宿す
舟を移して煙渚に泊まれば
日暮れて 客愁新たなり
野は曠ひろく 天は樹に低たれ
江は清く 月は人に近し

現代語訳

舟を移して川霧の立ち込める渚に宿をとれば、
日が暮れて、旅の愁いがあらためて胸に迫る。

野は広々として、天は木々にたれかかるよう。
江は清らかで月は手が届くほど近くに見える。

スポンサーリンク

解説

「春眠暁を覚えず」(「春暁」)で知られる、孟浩然のこれも代表作です。雄大な景色で大好きです。

「野」「天」「江」「月」の4連発。いいですね♪ここがカッコいいところですから、注意して朗読しました。

【建徳江】 江南地方、建徳市を流れる川。川霧で知られる。
【煙渚】 川霧の立ち込める渚。 【客愁】 旅の愁い。
【新】 あらためて。

旅愁をあつかった漢詩といえば、「楓橋夜泊」は欠かせません。

楓橋夜泊
↑こちらで朗読しています。

日本で旅愁の詩といえばなんといっても島崎藤村「千曲川旅情の歌」でしょう。

建徳江は川霧が激しいので有名です。同じく川霧で知られる日本の宇治川を詠んだ和歌として……
朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木
(百人一首61番)

朗読:左大臣