峨眉山月の歌 李白(がびさんげつのうた りはく)

峨眉山月歌 李白
峨眉山月半輪秋
影入平羌江水流
夜發清溪向三峽
思君不見下渝州

峨眉山月の歌 李白
峨眉山月半輪の秋
影は平羌江水に入って流る
夜 清溪を發して三峽に向ふ
君を思へども見えず渝州に下る

現代語訳

秋の峨眉山には片割れ月がかかり、
月影は平羌の流れに映りこんで流れていく。
私は夜に清渓を出発して三峡に向かう。
川下りの間ずっと月を見たいと思っていたのだが、とうとう見えないまま渝州に下ってしまった。

峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡
【峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡】

スポンサーリンク

語句

■峨眉山 四川省峨眉の東南にあるけわしい山。最初「蛾眉」と書いていたのを「峨眉」と改めた。二つの峰が向かい合って蛾の眉のように見えるからこう言う。五大山、天台山と並び、仏教の霊場として知られる。また女性の眉を「蛾尾」ということから、ここでは女性を指しているとも。 ■平羌江 峨眉山の北側を流れる青衣江(せいいこう)の古い呼び名。四川省雅安県から峨眉山の北を流れ、大渡河と合流する。諸葛亮孔明が羌夷を平定したのでこう呼ぶ。三峡 四川省の奉節県から湖北省の宣昌までの大渓谷。途中三つの渓谷があるのをまとめて、「三峡」という。「三峡」の三つをどれにするかは諸説あり。広渓峡・巫山峡・西陵峡・明月峡・黄牛峡・瞿塘峡・石洞峡・帰郷峡などの中から三つを数える。■清渓宿駅の名。四川省漢源県。■渝州 今の重慶。

解説

25歳の李白は舟に乗って故郷の蜀を後にします。舟といっても個人で漕ぐようなボートではなく、何人も乗れる豪華客船です。右を見ると故郷を象徴する山、峨眉山。仙人が住むという伝説のある峨眉山がそびえています。その山際には片割れ月が出ています。

これから広い世界を見てやる。そして名士の推薦をもらって、あわよくば都で一花咲かせよう。25歳の青年李白の胸には、さまざまな期待と不安が入り混じっていました。

李白の父は裕福な商人だったというのが定説です。生活には苦労がありませんでした。しかし25歳で故郷の蜀を離れたのを最後に、生涯二度と戻ってきませんでした。なぜなのか?もしかしたら李白は次男坊で、家業は長男が継ぎ、お前は才能もあるし、商売は継がせられないし、せめて好きなことやってみろ。仕送りはするから。わかりました父上…もしかしたら、そんな流れだったかもしれません。

舟は切り立った崖の合間を進んでいきます。はじめは見えていた月もいつしか崖で隠されてしまい、船はやがて長江で最も流れの速い三峡を目指して、やがて渝州(重慶)に到ります。

「はあ…月も隠れてしまった。成都に残してきた
愛しい娘は、今頃どうしているだろうか」

船べりによりかかって、ふうとため息をつく、青年李白。

「君を思へども見えず」の「君」は、表面的には「月」を指しますが、ここでは李白が故郷に残してきた恋人でもいて、思いやっているという説も有力です。

「峨眉山」は最初「蛾眉山」と書いており、蛾の触角のようにきれいなカーブを描く女性の眉、つまり女性の象徴です。だから「峨眉山」という地名からも、女性のことを歌っていることが感じられるわけです。

「峨眉山」「平羌」「清溪」「三峽」「渝州」と5つも固有名詞(地名)を織り込んでいるのがポイントです。

しかもこれは単なる地名ではなく、文字の持つイメージを大切にしています。たとえば「平羌」なら、まっ平らな水面が、「清溪」なら清らかな水の流れが浮かびますよね。また「眉」「平」「清」はすべて、「月」という言葉を導く縁語になっています。

しかも、それがわざとらしくなく、自然な風景の中に溶け込んでいる…見事な詩です。明の文章家、王世貞(おうせいてい)(1526-90)はこの詩を「太白の佳境なり」と絶賛しました。

経路としては【清渓】⇒【渝州】⇒【三峡】と進んだわけです。

峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡
【峨眉山、清渓⇒青衣江⇒渝州⇒三峡】

関連

早に白帝城を発す
同じく有名な三峡下りを扱った詩です。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク