燕歌行 曹丕(えんかこう そうひ)

秋風蕭瑟天気涼
草木搖落露為霜
羣燕辭帰雁南翔
念君客遊思断腸
慊慊思帰戀故郷
君何淹留寄他方
賤妾煢煢守空房
憂来思君不敢忘
不覚涙下霑衣裳
援琴鳴絃發清商
短歌微吟不能長
明月皎皎照我牀
星漢西流夜未央
牽牛織女遥相望
爾獨何辜限河梁

秋風 蕭瑟として天気涼しく
草木 搖落して 露 霜となる
群燕 辞し帰り 雁 南へ翔び
君が客遊を念えば 思い腸を断つ
慊慊(けんけん)として帰らんと思い故郷を恋わん
君 何ぞ淹留して他方に寄るや
賎妾 煢々(けいけい)として空房を守り
憂い来ってて君を思い 敢て忘れず
覚えず 涙下って衣裳を霑(うるお)すを
琴を援き絃を鳴らして清商を発し
短歌 微吟すれども 長くすること能わず
明月 皎皎として 我が牀を照らし
星漢 西に流れて 夜未だ央らず
牽牛織女 遥かに相望む
爾独り何の辜(つみ)ありて河梁に限らる

スポンサーリンク

現代語訳

秋風がわびしげに吹き、肌寒くなってきた。
草木は葉を落とし、露は霜となった。
燕の群れが帰っていき、雁は南に飛ぶ。

あなたも旅の愁いに沈んでいるのでしょうか。
それを思うとはらわたが引き裂かれそうです。

心満たされず、すぐにでも帰りたいと、
故郷を懐かしんでおいででしょうか。

どうしていつまでも異国に留まって
いらっしゃるのですか…。

私は空しく留守の家を守っております。
しかし貴方のことを忘れる時はなく、
知らず知らずに涙が流れ、衣装を濡らします。

琴を弾き弦を鳴らして澄んだ音を奏でてみましたが、
声は短く途切れ、のびのびと歌うなんてとてもできません。

明月がしらじらと私の寝台を照らし、
天の川が西に傾いたが夜はまだ明けない。

牽牛織女は天の川を隔ててはるかに向かい合っています。
どんな罪があって、二人は引き離されてしまったのでしょうか。


燕歌行」は異国にいる夫を思いやる妻の心を歌った、漢代の歌曲。
子夜呉歌」と近いテーマです。

神社のお堂の横で録音しました。木でできたお堂なので、反響がほとんど無く、自然な音です。雨に湿ってて、いい感じでした。

曹丕(187-226)字は子桓。曹操の次男です。魏の初代皇帝となりました。(曹操の時代はまだ「魏」という国家ではなく、あくまで「漢の中の魏」という扱い)。

代表作「雑詩

朗読:左大臣