詠懐詩 阮籍(えいかいし げんせき)

夜中不能寐
起坐弾鳴琴
薄帷鑒明月
清風吹我襟
孤鴻號外野
翔鳥鳴北林
徘徊将何見
憂思独傷心

夜中 寐(い)ぬる能はず
起坐して鳴琴を弾ず
薄帷に明月鑒(て)り
清風 我が襟を吹く
孤鴻 外野に號(さけ)び
朔鳥 北林に鳴く
徘徊して将に何をか見る
憂思して独り心を傷ましむ

現代語訳

夜中寝ることができず、起き上がって座り、琴を弾いてみた。
薄い帳を明月の光が照らし、清らかな風が私の襟に吹き付ける。

野外で鴻(おおとり)が叫び、北の林で雁が鳴いている。

外を出歩いたからといって見るべきものはない。憂鬱な物思いに沈み、独り心を痛めるのだった。

スポンサーリンク

解説

阮籍(210-263)は竹林の七賢の一人。竹林の七賢というのは、魏の時代の末期、竹林の中で酒を呑んで哲学を論じたりした、世捨て人的な人々のことです。阮籍はそのリーダー格の人物でありました。

阮籍は八十二首の「詠懐詩」を遺しており、これはその中の一首です。

魏の末期は臣下の司馬一族が政治を取り仕切り、国が荒れまくっていました。そんな中で現実に絶望し、世をはかなんで清談にふけったわけです。

阮籍は奇人変人として知られ逸話が多い人物です。好きな相手と会う時は青眼、つまり普通の目で応対し、気に入らない俗物と会う時は白眼、つまり白目をむいて会ったといいます。好き嫌いをハッキリさせたのです。

「白眼視」という言葉は、ここに由来します。

【起坐】 起き上がって座る。 【鳴琴】 琴。
【薄帷】 薄い帳。 【鑒】 鑑。かんがみる。照らすこと。

【孤鴻】 群を離れた一羽の鴻(おおとり)。大きな鳥。
【翔鳥】 飛び回る鳥ども。 【憂思】 愁い沈む。

同じく夜に琴を弾いている詩に王維「竹里館」があります。こちらは悲壮感無いです。

北原白秋に「竹林の七賢」という詩があります。

朗読:左大臣