越中覧古 李白(えっちゅうらんこ りはく)

越中覽古
越王勾踐破呉歸
義士還家盡錦衣
宮女如花滿春殿
只今惟有鷓鴣飛

越中覧古
越王勾踐 呉を破って帰る
義士 郷に還って尽く錦衣
宮女 花の如く春殿に満つ
只今 惟だ鷓鴣の飛ぶ有り

現代語訳

越王勾踐は呉を破って会稽の恥をすすぎ、故郷に戻ってきた。
従っていた将兵たちはそれぞれ故郷に錦を飾った。
春の宮殿には女たちが花のように満ち溢れた。

今はただ、荒れ果てた地に鷓鴣が飛んでいるだけである。

スポンサーリンク

解説

【越王勾踐】は【呉王夫差】に会稽の地で破れ、
屈辱的な和議を結ばされます。

勾踐はその屈辱を忘れず、22年の時を経て呉王夫差を打ちました。
「臥薪嘗胆」「会稽の恥を雪ぐ」の故事成語で知られます。

この詩は越王勾踐の歴史ロマンにひたっているのです。

「そういう歴史がある場所だが今は…」ということです。
奥の細道「平泉」に通じるものがあります。

「越中」は越国の国都、会稽。
「鷓鴣」はキジ科の鳥。

もはや季節は夏です。うしろで虫が鳴いています。まあ、こういう自然な音は人工音に比べたらうるさく無いというか、かえって雰囲気出ると思うんですが。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク