中秋の月 蘇軾

中秋月
暮雲収盡溢清寒
銀漢無聲轉玉盤
此生此夜不長好
明月明年何處看

中秋の月
暮雲 収め尽くして清寒溢れ
銀漢 声無く 玉盤を転ず
此の生 此の夜 長くは好からず
明月 明年 何れ(いずれ)の処にて看ん

現代語訳

日暮れ時、雲はすっかり無くなり、心地よい涼風が吹いている。
銀河には音も無く玉の盆のような月があらわれた。

こんな楽しい人生、楽しい夜、しかし永遠に続くものでは無い。
この名月を、来年は、どこで見ているだろう。

スポンサーリンク

解説

【中秋の名月】は旧暦八月十五日の月。昔は七月・八月・九月を秋とし、
それぞれを【初秋】【仲秋】【晩秋】としました。
よって【中秋(仲秋)の名月】は八月十五日の月となります。

この夜は宴を開いて、月の美しさを喜びあいました。

上杉謙信「九月十三夜陣中の作」
↑こちらは【晩春】の詩です。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク