挽歌詩 陶淵明(ばんかのし とうえんめい)

挽歌詩
有生必有死
早終非命促
昨暮同爲人
今旦在鬼録
魂氣散何之
枯形寄空木
嬌兒索父啼
良友撫我哭
得失不復知
是非安能覺
千秋萬歳後
誰知榮與辱
但恨在世時
飮酒不得足

スポンサーリンク

挽歌の詩
生有れば必ず死有り
早く終うるも命の促さるるにはあらず
昨暮は同じく人たりしに
今旦は鬼録に在り
魂氣は散じて何くにか之く
枯形を空木に寄す
嬌兒は父を索めて啼き
良友は我を撫して哭く
得失 復た知らず
是非 安んぞ能く覚らんや
千秋万歳の後
誰か栄と辱とを知らんや
但だ恨む 在世の時
酒を飮むこと 足るを得ざりしを

現代語訳

命ある者は必ず死ぬ。 若くして死んだからとて寿命が縮まったわけではないのだ。

昨日の暮れは皆と同じく生きていたのに、
今日の朝は死者の名簿に名を連ねている。

魂は体から離れてどこへ行ったのだろう。
亡骸だけが棺おけの中に横たわっている。

まだ幼い息子が父を求めて泣き、
親しい友が亡骸を撫でて号泣している。

死者にはもう物事の得失はわからない。
まして何が良くてなにが悪いかなど、わからない。

千年万年の後はこの世の栄誉や恥辱などどうでもいいことだ。

ただ惜しいのは生きていた時、十分に酒を飲まなかったこと…。

解説

陶淵明が自分の死を想像して書いた詩です。最後はどうしても酒でオチをつけたいのですね…。

「死」を扱った詩だけど、暗くも悲しくもなく、むしろ飄々とした感じです。そこに注意して朗読しました。

朗読:左大臣