清平調子 其二 李白

清平調子 其二
一枝紅艷露凝香
雲雨巫山枉断腸
借問漢宮誰得似
可憐飛燕倚新粧

清平調子 其二
一枝の紅艷(こうえん)  露 香(かおり)を 凝らす
雲雨(うんう) 巫山(ふざん)  枉(むな)しく 断腸
借問(しゃもん)す  漢宮 誰か 似たるを 得ん
可憐の飛燕  新粧(しんしょう)に 倚(よ)る

巫山

現代語訳

一枝のあざやかな紅い牡丹の花が、露にまみれ、香りを漂わせている。
雲となり雨となっても貴方と会いたいと言った巫山の神女も、
楊貴妃の前では空しく心砕かれるだけでしょう。

お聞きします。漢の後宮の中で、他にこんな美人がいますか。
その可憐さで知られる、前漢の飛燕が新しく化粧を装っている姿。
それこそが楊貴妃と並び立つものでしょう。

スポンサーリンク

語句

■一枝 ひとえだ ■紅艷 あざやかな紅い牡丹の花 ■雲雨 神女の姿。楚の懐王が夢の中で巫山の神女と交わった。  神女は、朝には雲に、夕方には雨になって会いたいと言った。 ■巫山 重慶市巫山県と湖北省の境にある名山。楚の懐王が夢の中で巫山の神女と交わった。 ■借問 尋ねる。 ■飛燕 趙飛燕。前漢の成帝の寵愛を受けた。美人の代名詞。しかし後年、王葬に弾劾されて庶民となり、自殺した。 ■枉 いたずらに。むなしく。 ■新粧 化粧を新たに塗りたてて。

解説

「第一」に続けて、楊貴妃の美しさをたたえます。まず牡丹の花の描写からはじめます。
一枝のあざやかな紅い牡丹の花が、露にまみれ、香りを漂わせている。
「一枝」はひとえだ。「紅艷」は、あざやかな紅い牡丹の花です。

「雲雨巫山」は、巫山の仙女の伝説をふまえます。昔、楚の王様が行楽に出かけました。楼台のところまで来た時、ふいと見ると美しい女性が衣をひらひらさせて、たたずんでいます。

「なんという美しい娘さんだろう。ぜひお近づきになりたい。
もし、あなたの名は」

「まあ、いきなり名前をおたずねるなんて、強引なお方」
「や、これは失礼。あまりに貴女がお美しかったので」

なんてやり取りをしている内に、すっかり仲良くなります。
たぶん川べりを散歩したり、ボートに乗ったり、それからまあ、いろいろしたんでしょうね。
夢からさめる間際、女が言います

「私は巫山の仙女です。あなたと、仲良くなりたいと、ずっと思っていたのです。
これからは朝は雲となり、暮には雨となって、毎日あなたとお会いします」

そして目が覚めました。

ここから「朝雲暮雨」「巫山の夢」という故事が生まれ、男女の関係の親密なことを指すようになりました。

しかし、夢の中でしか仙女に会えない楚の王に比べると、玄宗さまは
いつも楊貴妃といっしょにいる。なんという幸いだと、李白は
楚の王と比べて、玄宗の幸いを持ち上げているわけです。

続いて前漢の飛燕を出して楊貴妃を持ち上げます。

趙飛燕は前漢の成帝の寵愛を受けました。庶民の出身ですが、とても美しく踊りがうまかったといいます。
体がとても小さく、人の手の平の上で踊ることができたといいます。

趙飛燕は成帝の後宮にめされて寵愛を受けますが、十数年後、皇帝が崩御すると運が尽きます。後宮を追われ、庶民の身分に落とされ、首をつりました。

最期は悲惨だったわけですが、美人で踊りがうまいということから、李白は趙飛燕を引き合いに出して楊貴妃を持ち上げたわけです。

「ふふ…さすがは李白…」

楊貴妃も教養の高い女性なので、李白のたとえをすぐに理解し、ほくそ笑みます。
誰も彼も感心し、すばらしい詩の出来に息を飲む中、
キラリと意地悪な目を光らせた男がありました。

高力士。玄宗皇帝の側近の宦官です。
以前あることから、李白には恨みを持っていました。

その日も李白は玄宗皇帝と楊貴妃の前に召され、
詩を作らされることになっていました。

ところが李白は酔っ払って千鳥足でした。
船着場まで何とかたどり着いたものの、船に乗るには沓を脱がないといけません。

李白はかたわらに立っていた玄宗皇帝の側近である宦官・高力士の前に
バーンと足をほり出し、「沓をぬがせろ」と命じました。

「なっ…無礼な。酒くさい…。あっちへ行け」
「ぬがせろったら、ぬがせろ」

玄宗皇帝からお声がかかります。

「よいではないか。李白はちょっと酒癖が悪いのだ。
大目に見てやってくれ」

「…陛下がそうおっしゃるなら…ぶつぶつ」

高力士はしぶしぶ李白の沓を脱がせますが、その時の
屈辱を、後々まで恨みに思っていたのでした。

高力士は、李白の詩の文句に目を留めます。

「趙飛燕…」

後日、高力士は楊貴妃に耳打ちします。

「趙飛燕は庶民の身分に落とされて自殺した女です。
その飛燕と貴妃さまを並べるなど、不敬のきわみです」
「はっ…そういえば」

こうして楊貴妃は李白を嫌うようになり、楊貴妃にべったりの
玄宗も李白を避けるようになり、ついに宮廷を追われることになったという…
一つの言い伝えです。

関連

清平調子 其三
其二のつづきです。

朗読:左大臣