憶江南 白居易(おくこうなん はっきょい)

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
【古典・歴史】メールマガジンはこちら

憶江南 白居易
江南好
風景舊曾諳
日出江花紅勝火
春來江水綠如藍
能不憶江南

憶江南(おくこうなん) 白居易(はっきょい)
江南(こうなん)好(よ)し
風景(ふうけい) 旧(もと)より 曽(かつ)て諳(そら)んず
日出(ひい)づれば 江花(こうか) 紅(あか)きこと火に勝(まさ)り
春来(きた)れば 江水(こうすい) 緑(みどり)なること 藍(あい)の如(ごと)し
能(よ)く 江南を 憶(おも)はざらんや

現代語訳

江南は素晴らしい。
その風景はずっと昔から私の記憶に焼きついている。

太陽が昇ると江上の花は火のように真っ赤に見え、
春が来れば江の水は藍のように緑色になる。

どうして江南を慕わずにいれよう

解説

江南(長江下地域)の風光明媚っぷりは多くの詩に歌われています。

まず杜牧の「江南春絶句」。「千里鶯啼いて緑紅に映ず」の書き出しが有名です。「江南の春」といえばこの詩です。

杜甫の「江南逢李亀年」では江南の素晴らしい景色の中に、杜甫と李亀年の再会が描かれます。

次の漢詩「小舫

朗読:左大臣光永

■【中国語つき】漢詩の朗読を聴く
【古典・歴史】メールマガジンはこちら