白楽天「王十八の山に帰るを送り仙遊寺に寄題す」

本日は白楽天の詩「王十八の山に帰るを送り仙遊寺に寄題す」を読み、解説します。

↓↓↓音声が再生されます↓↓

https://roudokus.com/mp3/Hakurakuten16.mp3

送王十八帰山寄題仙遊寺 白楽天

曾於太白峰前住
数到仙遊寺裏来
黒水澄時潭底出
白雲破処洞門開
林間煖酒焼紅葉
石上題詩掃緑苔
惆悵旧遊無復到
菊花時節羨君廻

王十八(おうじゅうはち)の山に帰るを送り仙遊寺に寄題す 白楽天

曾て太白峰前(たいはくほうぜん)に住み
数(しば)しば仙遊寺裏(せんゆうじり)に到りて来る
黒水(こくすい)澄む時 潭底(たんてい)出で
白雲 破るる処 洞門開く
林間に酒を煖めて紅葉(こうよう)を焼き
石上(せきじょう)に詩を題して緑苔(りょくたい)を掃う
惆悵(ちゅうちょう)す 旧遊(きゅうゆう) 復た到ることなき
菊花の時節 君が廻(かえ)るを羨(うらや)む

現代語訳
王十八(王氏の十八男であるわが友人・王質夫)が山に帰るのを送って仙遊寺(長安南西80キロの寺)に寄題(その場に行かずにイメージで詩を作ること)した詩

かつて私は太白峰(長安南40キロの終南山)の前に住み、
しばしば仙遊寺(長安南西80キロにある寺)の裏までやってきた。
黒水(仙遊寺の西を流れる川)が澄んでいる時は、淵の底まで見えて、
白雲が途切れたところに洞窟の入口が口を開けていた。
林の中で紅葉をたいて酒を熱燗にしたり、
石の上に緑の苔をはらって、詩を書いたりした。
私は嘆き悲しむ。昔遊んだあの地に、ふたたび行けないことを。
菊の花の時節、君がそこに帰っていくのをうらやむ。

白楽天がかつて終南山(長安南40キロ)あたりに住んでいた頃、友人の王質夫(おうしつふ)らとしばしば仙遊寺(長安南西80キロ)まで足をのばして遊んだのです。その後、楽天は長安に召され、その前後に王質夫も長安に召されたようです。ところが王質夫は、なんらかの理由で失脚したらしく、ふたたび故郷に戻ることになりました。それを見送って白楽天が詠んだ詩です。ともに遊んだ日々を懐かしく歌っています。

「林間暖酒燒紅葉、石上題詩掃綠苔」の対句は有名で、『平家物語』などわが国の古典にもよく引用されています。

■王十八 白楽天の友人、王質夫。十八は王氏の十八番目の子であることをしめす排行。 ■仙遊寺 長安西南約80キロにある寺。白楽天はこの地の県尉であったころよく訪れ「長恨歌」を作った。 ■寄題 その場所に行ったり実物を見ることなくイメージで詩を作ること。 ■太白峰 長安南約40キロの秦嶺山脈の峰の名。終南山。 ■黒水 仙遊寺の西を流れる川。 ■潭底 淵の底。 ■洞門 洞窟の入り口という説と、仙遊寺の山門を洞窟に見立てたという説。 ■惆悵 愁い悲しむこと。 ■旧遊 昔やった遊び。

次の漢詩「慈烏夜啼

朗読:左大臣光永