柳州二月榕樹葉落尽偶題 柳宗元

柳州二月榕樹葉落尽偶題
宦情覊思共凄凄
春半如秋意転迷
山城過雨百花尽
榕葉満庭鶯乱啼

柳州二月 榕樹の葉 落ち尽くす 偶題す
宦情 覊思 共に凄凄たり
春半ばにして秋の如く 意 転た迷う
山城 雨過ぎて百花尽き
榕葉 庭に満ち 鶯乱れ啼く

現代語訳

役人仕事の窮屈さ、故郷を遠く離れていることから来る憂い。
どちらも侘しい限りだ。

まだ春半ばだというのに、秋のような気候だ。
どうにも落ち着かない。

山あいの町を雨が通りすぎて、花は落ちつくしてしまう。
ただ榕樹の葉だけが庭に満ち、鶯がさかんにさえずっている。

スポンサーリンク

解説

左遷先でのわびしい感じです。

榕樹柳州は広西省壮族自治区柳州市。榕樹はクワ科の常緑高木。

柳宗元「江雪」
代表作。永州に左遷されていたころの作か。

朗読:左大臣