壇の浦夜泊(だんのうらやはく きのしたさいたん)

壇の浦夜泊
篷窓月落不成眠
壇浦春風五夜船
漁笛一聲吹恨去
養和陵下水如煙

壇の浦夜泊
篷窗(ほうそう)月落ちて眠りを成さず
壇ノ浦の春風 五夜(ごや)の船
漁笛(ぎょてき) 一聲(いっせい) 恨(うらみ)を吹いて去る
養和陵下(ようわりょうか)  水(みづ) 煙の如し

現代語訳

苫葺きの窓から外を眺めると月は没してしまったが、
いまだに眠れない。

早朝、壇ノ浦の海域を吹く春風の中、漁船が出発していく。

漁師の吹く笛は平家一門の恨みをこめているかのごとく
響き渡る。

安徳帝の陵を眺めやると、
陵の下の水面が煙のようにわきたっている。

スポンサーリンク

語句

蓬窗 とまをかけた舟の窓
眠を成さず 眠れない
魚笛 漁師の吹く笛

壇ノ浦 九州と本州との間の海峡。1185年源平の最終決戦が行なわれ、平家一門は海に沈んだ。

春風…壇ノ浦の合戦が行なわれたのは旧暦3月24日。その合戦の日付をふまえる。

五夜 夜明け前の時間。五更とも。一夜を五等分して初更・二更・三更・四更・五更といった。

養和 源平合戦が行なわれたころの年号。1181年から82年にかけて。

養和の陵…現下関市赤間神宮内にある安徳天皇の陵(墓)。明治以前は阿弥陀寺といったが明治政府の神仏分離により一時廃止され、その後赤間神宮となって復活した。

水煙の如し 水が靄になって煙のように沸き立っている。

作者 木下犀潭

木下犀潭(きのしたさいたん 1805-1867)江戸時代末期の武士・儒学者・熊本藩士。肥後菊池郡の裕福な農家に生まれます。藩校時習館に学び、成績優秀により名字帯刀を許されます。

天保6年(1835年)江戸の昌平黌(しょうへいこう)、佐藤塾にて儒学者佐藤一斎に入門。肥後へ帰国後、時習館の訓導となります。

門下には坂本竜馬に影響を与えた漢学者横井小楠がいます。1867年明治維新の前年に没しました。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク