雑詩 曹丕(ざっし そうひ)

西北有浮雲
亭亭如車蓋
惜哉時不遇
適與飄風會
吹我東南行
行行至呉會
呉會非我郷
安得久留滯
棄置勿複陳
客子常畏人

スポンサーリンク

西北に浮雲あり
亭々として車蓋の如し
惜しい哉 時に遇わず
適適飄風に会う
我を吹きて東南に行かしめ
行き行きて呉会に至る
呉会は我が郷にあらず
安んぞ久しく留滞するを得ん
棄置してまた陳ぶること勿らん
客子は常に人を畏る

現代語訳

西北に浮雲が漂っている。
高々として、まるで車の蓋いのようだ。

惜しいことに時が悪く、たまたま吹き起こったつむじ風に
吹き飛ばされてしまう。

私も浮雲のように東南に吹き流されて旅を続けるうち、
とうとう呉・会稽の地まで来てしまった。

呉・会稽は私の故郷ではない。どうして長居できようか。

ええい、何のかのと言っておられるか。
どうせ旅先では人は信じられないのだ。

解説

曹丕(187-226)字は子桓。曹操の長男。220年、曹操が逝去した跡を継ぎ、魏王となります。次いで後漢の献帝を禅譲(位を譲ること)させ、初代魏王朝皇帝となり、文帝と名乗ります。

ちなみに曹操の最期は『三国志演義』では関羽の亡霊に呪い殺された話になってますが、実際は穏やかに逝ったそうです。

とにかく魏は今まであくまでも「漢王朝の中の」強国だったのが、曹丕の代で「魏王朝」になったわけです。

まあ、魏はすぐに臣下の司馬一族に乗っ取られてしまうわけですが。

曹丕は父の曹操、弟の曹植とならび「三曹」と称され、詩作に才がありました。226年、肺病のため亡くなりました。

父の跡を継いで魏王になる際には弟の曹植と激しい後継者争いがあったとかなかったとか(曹植「七歩の詩」参照)。

この詩は曹操が曹植を太子にたてようとした際の焦りを表しているとも言われます。

【亭亭】 高くそびえているさま。 【車蓋】 車の蓋い。
【時不遇】 時が悪い。幸運にめぐりあわせなかった。

【適與】 適与。たまたま。【飄風】 つむじ風。
【呉會】 呉会。呉郡と会稽郡。現江蘇・浙江一帯。
【安】 いずくんぞ。どうして~できようか。 【留滯】 滞在。

【棄置勿複陳】 ええい、何のかのと言っておられるか。慣用句。
【客子】 旅人。よそ者。

カラオケボックスでの録音です。吸音にこだわっている店でした。普通はもっと部屋鳴りを拾うと思います。天井からの音の反射をふせぐため、ウレタンの板をマイクの上にかざしました。だからか、なんとなくウレタンぽい音質になった気が。

朗読:左大臣