登幽州台歌 陳子昂(ゆうしゅうだいにのぼるのうた ちんすごう)

前不見古人
後不見来人
念天地之悠悠
独愴然而悌下

前に古人を見ず
後に来者を見ず
天地の悠悠たるを念い
独り愴然として悌下る

現代語訳

私の前に古人は無く、
私の後に来る者も無い。

天地がどこまでも広がっていることを思い、
独り悲しみに心痛め、涙が流れてくる。

スポンサーリンク

解説

陳子昂(661-702)。字は伯玉。四川省射浩の人。18歳までろくに字も読めなかったが一念発起して24歳で科挙に合格。右拾遺に任じられます。

この詩は契丹討伐戦に参謀として参加した時のものです。策を提案しても上から用いられない、そのやるせない気持ちを歌っています。

【幽州台】は、北京市の北にあった高楼。

【古人】は手本としてその跡をたどるべき先人。
【来者」はあとに続いてくる者。
そのどちらもいない、と。

【悠悠】はどこまでも広がっている感じ。
【愴然】は悲しみに心をいためるさま。

「楼に登る」は漢詩では普遍的なテーマです。鸛鵲楼に登る(王之渙)岳陽楼に登る(杜甫)などが有名です。

朗読:左大臣