雨中閒臥 高啓(うちゅうかんが こうけい)

牀隠屏風竹几斜
臥看新燕到貧家
閒居心上渾無事
対雨唯憂損杏花

牀は屏風(へいふう)に隠(よ)り 竹几は斜めなリ
臥(ふ)して看る 新燕(しんえん)の貧家に到るを
閑居 心上(しんじょう) 渾(す)べて事無く
雨に対して唯だ憂う 杏花を損わんことを

現代語訳

寝台は屏風の陰、竹の机は斜めに置いてある。
今年もこのみすぼらしい家に燕が訪ねてきてくれたのを寝そべって見ている。

のんびりした暮らしには、何の心配事も無い。
ただ雨が杏の花を散らせはしまいかと、心配するばかりだ。

スポンサーリンク

解説

のんびり、世捨て人精神な詩です。高啓(1336-1374)は明代最大の詩人。「胡隠君を尋ぬ」がよく知られています。

朗読:左大臣