冬夜読書 菅茶山(とうやどくしょ かんちゃざん)

雪擁山堂樹影深
憺鈴不動夜沈沈
閑収乱帙思疑義
一穂青灯万古心

雪は山堂を擁して 樹影深し
檐鈴動かず 夜沈沈
閑かに乱帙を収めて疑義を思えば
一穂の青灯 万古の心

現代語訳

雪はこの山奥の書斎を包み込むように降り積もり、
木々の影は深い。

軒端の鈴は少しも動かず、夜は静かに更けていく。

乱れていた書物を静かに片付けて、ひっかかっていた部分を考えてみる。

すると部屋の灯りがぼうっと青く輝き、 その灯りを通して古人の心が見えてくるのだ。

スポンサーリンク

解説

冬の夜の読書。落ち着いた雰囲気です。勉強というものは、こんな緊張感の中でやりたいモンです。

【山堂】 山奥の書斎。 【檐鈴】 えんれい。軒端の鈴。
【夜沈沈】 夜は静かに更けていく。蘇軾「春夜」に「鞦韆院落夜沈沈」。

【乱帙】 【帙】(ちつ)は和本を収めるためのケース。
たくさん読み漁ったので、それが【乱】れている。

【疑義】疑問点。 【一穂青灯】 稲穂の形に青く燃える灯火。
【万古心】 昔の人の心。

菅 茶山(かんちゃざん さざん 1748~1827)。
江戸時代後期の儒学者・漢詩人。通称太仲・太中。茶山は号。広島出身。

京都の那波魯堂に朱子学を学びます。1781年(天明元年)頃、神辺(現福山市)に私塾黄葉夕陽村舎(こうようせきようそんしゃ 後の廉塾)を開き子弟を教育します。

1801年(享和元年)福山藩儒官となり、藩校である弘道館で教鞭をとりました。

頼山陽は黄葉夕陽村舎の塾長をしていたことがあります。

朗読:左大臣