秋興 杜甫(しゅうきょう とほ)

秋興 杜甫
玉露凋傷楓樹林
巫山巫峡気蕭森
江間波浪兼天沸
塞上風雲接地陰
叢菊両開他日涙
孤舟一繋故園心
寒衣處處催刀尺
白帝城高急暮砧

スポンサーリンク

秋興 杜甫
玉露 凋傷す 楓樹の林
巫山巫峡 気 蕭森たり
江間の波浪 天を兼ねて沸き
塞上の風雲 地に接して陰る
叢菊 両(ふたた)び開く 他日の涙
孤舟 一(ひとえ)に繋ぐ 故園の心
寒衣 處處 刀尺を催(うなが)し
白帝城 高くして暮砧急なり

現代語訳

玉のような露が楓の林に下りてきて、しおれさせる。
巫山にも巫峡にも秋の静かな空気が満ちている。

川波は天に届くばかりに湧き上がり、
城塞のあたりの風雲は地に接するほど垂れ込めている。

故郷を去ってから、再び野菊の咲く季節を迎えたが、
過去を思い出し、涙がこみあげる。

一艘の舟を岸辺につないだままなのは、
私の望郷の想いを故郷につなぎとめたいからなのだ。

あちらでもこちらでも冬服の準備で裁縫に忙しいとみえる。
白帝城は高くそびえ、暮れ方になって砧を叩く音が響いてくる。

巫山・巫峡・白帝城
巫山・巫峡・白帝城

語句

■玉露 玉のような露。 ■凋傷 しぼませ傷ませること。 ■楓樹林 楓の林。 ■巫山 キ州(四川省奉節県)の東にある山。 ■巫峡 三渓の一つで、巫山のそばの渓谷。■蕭森 静かで物寂しいこと。 ■江間 長江の流れ。 ■兼天 天に届くばかりに。 ■塞上 砦の付近。 ■叢菊 野菊。 ■他日涙 過去を思い涙する。 ■孤舟 一艘の舟。 ■一繋 つないだままである。 ■故園 望郷。 ■寒衣 冬服。 ■刀尺 はさみとものさしで。裁縫のこと。 ■白帝城 キ州の白帝城の上にある城。蜀の劉備玄徳が亡くなった場所。 ■暮砧 夕暮れに打つ砧。

解説

大暦元年(766年)、杜甫55歳の作。前年、杜甫は住み慣れた成都の地を出て、家族と共に故郷を目指し長江を下ります。

その途中、白帝城のそばのキ州(四川省泰節県)に居を構え、2年ほど住まいました。「秋興」はキ州で秋を迎えた杜甫がその感慨を詠んだ八作連作の詩で、これはその一作目です。

「白帝城」は、三国志の劉備元徳が亡くなった場所で、現在はダムが出来て島になってしまいました。李白「早発白帝城」が有名です。

島崎藤村の詩「千曲川旅情の歌」の後半に「千曲川柳霞て/春浅く水流れたり/たゞひとり岩をめぐりて/この岸に愁を繋ぐ」とありますが、杜甫の「秋興」に影響を受けたものと思われます。島崎藤村は大の杜甫ファンでした。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク