春夜 蘇軾

春宵一刻値千金
花有清香月有陰
歌管楼台声細細
鞦韆院落夜沈沈

春宵一刻値千金
花に清香有り月に陰有り
歌管楼台声細細
鞦韆院落夜沈沈

現代語訳

春の宵は一刻が千金に値すると思えるほど素晴らしい。
花は清らかな香りを漂わせ、月はおぼろに霞んでいる。

歌声や管楽器の音が響いていた楼台も今は静まり、
かすかな声がするのみだ。

中庭には婦人が乗って遊ぶぶらんこが揺れ、
夜は深々と更けていく。

スポンサーリンク

解説

春宵一刻値千金」ここは大変よく知られていますね。
ほんと、春の宵にぶらぶら散歩してるとそんな気分になります。

【花有清香】 花は清らかな香りを漂わせている。
【月有陰】 【陰】は、かげり。かすんでいること。
【歌管】 歌声や管楽器の音。 【声細細】かすかな声。

【鞦韆】 しゅうせん。夫人が乗って遊ぶぶらんこ。
【院落】 中庭。 【夜沈沈】 夜はしんしんと更けていく。

「春宵一刻値千金」という言葉は、日本では歌舞伎の石川五右衛門の台詞で知られています。

「絶景かな、絶景かな。春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。この五右衛門の目からは、値万両、万々両」(『金門五山桐』「山門」の場)

京都の古刹・南禅寺山門を眺めて五右衛門が見栄を切るのです。五右衛門といえばこれです。ゲームの『無双orochi』に出てきた五右衛門もこれを言ってて、ぼくは嬉しくなりましたね。

滝廉太郎の「花」でも「春宵一刻値千金」の文句が効果的に取り入れられています。

錦おりなす長堤に
くるればのぼるおぼろ月
げに一刻も千金の
ながめを何にたとふべき

春の夜を詠んだ詩ではこの「春夜」と王安石の「夜直」が双璧と言われます。蘇軾も王安石も政治家であり文筆家でありました。

王安石「夜直」
↑こちらで朗読しています。「春色人を悩まして眠り得ず 月は花影を移して欄干に上らしむ」の部分は特に有名です。

録音は夜の雑司が谷霊園で行いました。けっこう夜中に墓場をうろついてる人は多いですね。散歩コースとしてもすぐれているのです。思いっきり声が出せて、いい環境です。草葉の陰で眠ってらっしゃる方々は、さぞ迷惑がってるでしょうが…。

ほかに春の夜を歌った詩としては……
李白「春夜洛城に笛を聞く」陶淵明「擬古」

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク