春夜 桃李園に宴するの序 李白

春夜宴桃李園序 李白
夫天地者萬物之逆旅
光陰者百代之過客
而浮生若夢
爲歡幾何
古人秉燭夜遊
良有以也
況陽春召我以煙景
大塊假我以文章
會桃李之芳園
序天倫之樂事

スポンサーリンク

春夜桃李園に宴するの序 李白
夫れ天地は萬物の逆旅(げきりょ)にして
光陰は百代(はくたい)の過客(かかく)なり
而して浮生は夢の若し
歡を爲すこと幾何(いくばく)ぞ
古人燭を秉りて夜遊ぶ
良(まこと)に以(ゆえ)有る也
況んや陽春の我を召すに煙景を以てし
大塊の我に假すに文章を以てするをや
桃李の芳園(ほうえん)に會(かい)し
天倫(てんりん)の樂事(がくじ)を序す

現代語訳

いったい天地はあらゆるものを迎え入れる
旅の宿のようなもの。

時間の流れは、永遠の旅人のようなものである。

しかし人生ははかなく、夢のように過ぎ去っていく。
楽しいことも、長くは続かない。

昔の人が燭に火を灯して夜中まで遊んだのは、
実に理由があることなのだ。

ましてこのうららかな春の日、
霞に煙る景色が私を招いている。

そして造物主は私に文章を書く才能を授けてくれた。

桃や李の実ったかぐわしい香りのする園に集まり、
兄弟そろって楽しい宴を開くにあたって申し上げる。

語句

■夫 四六駢儷体や辞賦では全体を導く「発句」の役割となる言葉。■逆旅 げきりょ。旅人を泊める旅館。「旅(たびびと)を逆(むか)えるものの意。 松尾芭蕉『奥の細道』の冒頭「月日は百代の過客にして…」は、この書き出しを下敷きにしている。 ■光陰 歳月。時間。 ■百代 永遠の月日。 ■過客 旅人。■浮生 はかない人生。『荘子』「刻意」篇に「其の生くるや浮かぶが若(ごと)く、其の死するや休するが如し」■古人燭を秉りて夜遊ぶ 「古詩十九首」(其の十五)に「昼は短く夜の長きに苦しむ。何ぞ燭を秉りて遊ばざる」とある。 ■歡を爲(な)す 喜びをなす。■陽春 うららかな春。 ■煙景 霞に煙る春の景色。 ■大塊 造物主。 ■桃李之芳園 桃や李の香る園。 ■天倫の樂事 親しい一族の人たちの楽しい宴。 ■天倫自然な人々の順序。兄弟など。 ■序 申し述べる 


群季俊秀
皆爲惠連
吾人詠歌
獨慚康樂
幽賞未已
高談轉清
開瓊筵以坐華
飛羽觴而醉月
不有佳作
何伸雅懷
如詩不成
罰依金谷酒數

群季(ぐんき)の俊秀(しゅんしゅう)は
皆 惠連(けいれん)たり
吾人(ごじん)の詠歌(えいか)は
獨り康樂(こうらく)に慚(は)づ
幽賞(ゆうしょう)未だ已(や)まざるに
高談(こうだん)轉(うた)た清し
瓊筵(けいえん)を開いて以て華に坐し
羽觴(うしょう)を飛ばして月に醉う
佳作有らずんば
何ぞ雅懷(がかい)を伸べん
如(も)し詩成らずんば
罰は金谷(きんこく)の酒數(しゅすう)に依らん

現代語訳

弟たちは晋の謝惠連のように優れた才能を持つ者ばかりだ。
私独り、歌を吟じても謝霊運に及ばないのだが。

静かに褒め称える声が止まぬうちに、
高尚な議論はいよいよ清らかに深まっていく。

玉の簾を敷いて花咲く樹木の下に座り、
羽飾りのついた杯を交わして月に酔う。

優れた作品に仕立てなければ、
この風雅な気持ちはとてもあらわせない。

もし詩が出来ないなら晋の石崇の故事にのっとり、
罰として酒三杯を飲むことにしよう。

語句

■群季 たくさんの弟たち。 ■俊秀 才能に溢れている。優れている。 ■恵連 晋の謝惠連。謝霊運の従弟。従兄の謝霊運に誉められたため、すぐれた弟の意。 ■吾人 ごじん。わたくし。 ■康樂 こうらく。謝霊運。陶淵明とともに南北朝時代を代表する詩人。祖父の爵位である康楽公を継いだため。 ■幽賞 静かに誉めたたえる ■高談 高尚な議論。高らかな声。 ■瓊筵 玉のムシロ=立派な宴席 ■羽觴 うしょう。スズメの形に作って翼などをつけた杯。 ■羽觴を飛ばす さかんに酒を酌み交わす。 ■雅懐 がかい。風流な思い。 ■金谷 西晋の貴族石崇は、洛陽城外に金谷澗という景勝地そばに金谷園という別荘を持っていた。そこでの酒宴は各自が詩を作って披露する決まりで、詩のできない者に酒三杯を罰として飲ませた。金谷酒数(きんこくしゅすう)

解説

桃や李の香る園で兄弟たちと宴を開いている…
いい雰囲気です。

李白が「兄弟たち」と呼びかけている相手は、
必ずしも血縁の上での兄弟ではなく、
ともに文学を志す仲間とも取れます。

松尾芭蕉が「奥の細道」の冒頭で引用したことで日本でも有名です。
四六駢儷文の名文で、詩ではないのですが、
詩のようなリズムのよさがあります。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク