春夜 雨を喜ぶ 杜甫(しゅんや あめをよろこぶ とほ)

春夜喜雨 杜甫
好雨知時節
当春乃発生
随風潜入夜
潤物細無声
野径雲倶黒
江船火獨明
暁看紅湿處
花重錦官城

スポンサーリンク

春夜 雨を喜ぶ 杜甫
好雨 時節を知り
春に当って乃ち発生す
風に随って潜かに夜に入り
物を潤して細かにして声無し
野径 雲と倶に黒く
江船 火 独り明らかなり
暁に紅の湿れる処を看れば
花は錦官城に重からん

現代語訳

気の利いた雨というものは、降るべき時節をわきまえていて、
春が来るとすぐに降り始める。

風にしたがってひっそりと夜に降り始め、万物を潤す。
繊細で、ほとんど音も立てない。

野道も雲も黒々としており、
川船のともす灯だけが明々と見える。

明け方、紅に湿ったものがあるので見てみると、
花が錦官城に重く垂れかかっているのであった。

語句

■好雨 気の利いた雨。 ■時節 季節や寒暖の状態。杜甫「江南にて李亀年に逢う」に「落花時節又逢君」。杜牧「清明」に「淸明時節雨紛紛」。 ■発生 ここでは雨が降り始めること。 ■野径 野の道。 ■江船 川舟。■錦官城 成都の別名。「錦官」は錦を扱う役人。成都は錦の産地だった。

解説

上元二年(761年)杜甫50歳の作。成都郊外の浣花草堂で家族と、のんびり暮らしていた時の作品です。長い杜甫の放浪生活の中ではもっとも落ち着いた時期でした。春の雨のしっとりした感じ。杜甫のワクワク感が伝わってきます。

春の夜を詠んだ詩では蘇拭「春夜」が「春宵一刻値千金」の書き出しでよく知られています。

朗読:左大臣