夏目漱石 無題

眞蹤寂莫杳難尋
欲抱虚懷歩古今
碧水碧山何有我
蓋天蓋地是無心
依稀暮色月離草
錯落秋聲風在林
眼耳雙忘身亦失
空中獨唱白雲吟

眞蹤(しんしょう)は 寂莫として杳(よう)として尋ね難く
虚懷を抱かんと欲して 古今を歩む
碧水碧山 何ぞ我れ有らん
蓋天蓋地 是れ無心
依稀(いき)たる暮色 月は草を離れ
錯落(さくらく)たる秋聲 風は林に在り
眼耳 雙(ふた)つながら 忘れ 身亦た失はれ
空中に 獨り唱す 白雲の吟を

スポンサーリンク

現代語訳

真理の道は寂しく、まったくもって到達しようがない。
澄み切った思いを得たくて、古今の文化を探求してきた。

緑の水緑の山。その前に私の存在などちっぽけなものだ。
天地を覆うのはただ無心である。

ぼんやりした夕暮れ時、月は草の上に上がり
入り混じった秋風の音がして風は林の中を吹いている。

目も耳もどちらも忘れてしまい、精神は肉体を離れ、
空中に一人「白雲の吟」を歌うのだ。


夏目漱石の亡くなる二十日ほど前に書かれた絶筆です。なんか幽体離脱してるっぽいですね。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク