沁園春 雪 毛沢東(しんえんしゅん ゆき もうたくとう)

1934-36年国民党軍に包囲された共産軍が脱出をかけて行った
1万2500キロにわたる行軍。

いわゆる「長征」の途上で詠まれました。

始皇帝もジンギスカンも大したことは無いと言い切る大胆さ。気迫。
読んでいて心が高揚します。

「来てみれば 聞くより低し富士の山 釈迦も孔子もかくやあるらむ」という村田清風の歌を思い出しました。

曹操「短歌行」歩出夏門行」も、気合が入る詩です。「俺サマ、英雄~♪」という気分にひたれます。

北國風光
千里冰封
萬里雪飄
望長城内外
惟餘莽莽
大河上下
頓失滔滔
山舞銀蛇
原馳ロウ象
欲與天公試比高
須晴日
看紅裝素裹
分外妖ジョウ

江山如此多嬌
引無數英雄競折腰
惜秦皇漢武
略輸文采
唐宗宋祖
稍遜風騒
一代天驕成吉思汗
只識彎弓射大雕
倶往矣
數風流人物
還看今朝

スポンサーリンク

北国の風光
千里 氷に封(とざ)され
万里 雪翻る
長城の内外を望めば
惟だ莽莽(ぼうぼう)たるを余すのみ
大河の上下は
頓(とみ)に滔滔たるを失う
山には銀蛇舞い
原には蝋象馳せ
天公と高さを比ぶるを試んと欲す
晴日を須(ま)って
紅く装い素く裏(つつ)めるを看ば
分外に妖ジョウたらん

江山は此くの如く多(はなは)だ嬌かしく
無數の英雄を引いて競って腰を折らしむ
惜むらくは秦皇と漢武は
略(ほぼ)文采に輸(おと)り
唐宗と宋祖は
稍(やや)風騒に遜(ゆず)る。
一代の天驕
成吉思汗も
只だ弓を彎いて大雕(だいちょう)を射るを識るのみ
倶に往きぬ
風流の人物を數へんには
還(な)お 今朝を看よ

現代語訳

北国の風向は千里のはてまで氷に閉ざされ、
万里の果てまで雪が翻っている。

長城の内外を望めば、
ただ一面茫茫とした景色だ

黄河の水は上流も下流も寒気にあってたちまち氷結してしまい、
滔滔たる流れを失ってしまった。

白銀の山々は、まるで銀色の蛇が舞っているようだし、
高原の雪は白蝋の象が走っているように見える。

天と試しに高さを競い合おうというほどの勢いだ。

しかし晴れた日になって、紅く装い白く身を包んだ様子を見れば、
特に妖しく、なまめかしいことだ。

わが国の風土はこのように大変美しく、
無数の英雄たちがそれを前に膝を折ってきた。

だが惜しいことに、秦の始皇帝と漢の武帝は大体において文才に欠けていたし、
唐の太宗と宋の太祖は風流を解することやや乏しかった。

かの一代の天の驕児と言われたジンギスカンも、
ただ弓を引いて大鷲を射ることしか知らなかった。

こういった人々はみな、歴史の彼方へと消え去っていった。

真の風流人を数えたいなら、今のこの世を見るがいい。

解説

過去の王朝の創始者たちなんて、屁でもないぞ。俺こそが風流を解し、しかも新しい世を作る革命家。俺が一番なんじゃ~という詩です。

強い自尊心。朗読していると気分が高揚してきます。

【風光】 景色。 【冰封】 氷にとざされ。
【長城】 万里の長城の内外。 【莽莽】 広々と果てしないさま。

【大河上下】 黄河の上流と下流。
【頓】 とみに。(寒気にあって)たちまちに。
【滔滔】 水が激しく流れるさま。

【銀蛇】 銀色の蛇が舞うような、白銀の山々。
【原】 高原。 【蝋象】 白い象。【天公】 天。

【須】 待つ。 【分外】 格別に。
【妖ジョウ】 なまめかしく、妖しい。

【江山】 わが国土。 【多嬌】 とても、あでやかだ。
【引】 引っ張って。

【秦皇】 秦の始皇帝(BC259-210)。 
【漢武】 漢の武帝(BC159-BC87)。
【略】 ほぼ。だいたい。 【文采】 文才。

【唐宗宋祖】 唐の太宗李世民(599-649)。
【宋祖】 宋の太祖趙匡胤(927-976)。

【稍】 やや。ちょっと。 【風騒】 風流。
【天驕】 驕児。おごりたかぶった人。やりたい放題の人。
【成吉思汗】 ジンギスカン(1162?-1227)。モンゴル帝国の基礎をつくった。

【大雕】 オオワシ。【倶往矣】【倶】は皆。【往】は過ぎる。
【今朝】 今の時代。

朗読:左大臣

≫【漢詩】の朗読音声を無料ダウンロードする
杜甫「春望」や李白「早発白帝城」など、有名漢詩33篇の朗読音声・解説テキストを無料でダウンロードできます。
≫音声つき【古典・歴史】無料メールマガジンのご案内
日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。

スポンサーリンク