七哀詩 王粲(しちあいし おうさん)

西京亂無象
豺虎方遘患
復棄中國去
委身適荊蠻
親戚對我悲
朋友相追攀
出門無所見
白骨蔽平原
路有飢婦人
抱子棄草間
顧聞號泣聲
揮涕獨不還
未知身死處
何能兩相完
驅馬棄之去
不忍聽此言
南登霸陵岸
迴首望長安
悟彼下泉人
喟然傷心肝

スポンサーリンク

西京 乱れて象(みち)無く
豺虎(さいこ) 方(まさ)に患(わざわい)を遘(かま)う
復た中国を棄てて去り
身を委ねて荊蛮(けいばん)に適(ゆ)く
親戚 我に対して悲しみ
朋友 相追攀(ついはん)す
門を出づるも見る所無く
白骨 平原を蔽(おお)う
路に飢えたる婦人有り
子を抱いて草間に棄つ
顧りみて号泣の声を聞くも
涕(なみだ)を揮(ふる)って獨(ひと)り還らず
「未だ身の死処を知らず
何ぞ能(よ)く両(ふたり)ながら 相完からん。」
馬を駆って之を棄てて去る
此の言を聴くに忍ばず
南のかた霸陵の岸に登り
首(かうべ)を迴(めぐら)して長安を望む
彼の 『下泉』の人を悟り
喟然(きぜん)として心肝を傷ましむ。

現代語訳

長安の都はめちゃくちゃに荒れ果て、
ロクでもない連中が好き勝手暴れまくっている。

私はまたも都を捨てて去り、
荊州の片田舎へ落ちていくのだ。

親戚は嘆き悲しみ、友達は別れを惜しむ。

城門を出るがどこも見れたものではない。
白骨が累々と大地を覆っている。

道端に飢えた婦人がいた。
その婦人は子供を草の間に棄てた。

婦人は振り返って赤ん坊の泣き声を聞くが、涙を振るって去っていく。

「私だってどこで野垂れ死ぬかわからないのよ。
あなたと一緒に生きていくなんて、とてもムリ」

私は女の言葉を聴くに忍びず、たまらなくなって馬に鞭打って駆け出した。

長安の南、覇陵の岸に立ち、長安を振り返る。

悪政を嘆く民衆の思いをつづった『詩経』の「下泉」篇の作者の気持も実感として迫ってきて、私は胸をかきむしられる思いだった。

解説

屋外で再録しました。隣で消防隊の練習をやってて、「きょーつけ」みたいな体育会系の声が始終聞こえてきて、大変でした。その合間を縫って録音するのが。

王粲(177-217)。字は仲宣。山陽郡の人。建安七子の一人。はじめ劉表に、劉表の死後は曹操に仕えます。

博学で文章に長けていました。曹操は儀礼制度を作る際には必ず王粲に任せたといいます。

記憶力にすぐれ、碁石の配置を完全におぼえていて再現できたそうです(右脳でカメラを撮るように暗記するってやつでしょう。きっと速読もできたのでしょう)。

曹植とも交際が厚かった。いいですね。風流人どうしの交わりって感じ(´∀`)ワクワク

七哀詩」…胸が痛くなる詩です。董卓の乱によってメチャメチャに荒れ果てた長安の町を歌ってます。

泣く泣く子供を捨てる夫人のエピソードが強烈です。

これはやはり原爆が落ちた後のヒロシマ・ナガサキを思わずにいられません。子供の頃読んだ「はだしのゲン」を思い出しちゃいました。

曹植にも「七哀詩」と題する詩があります。

朗読:左大臣