涼州詞 王之渙(りょうしゅうのし おうしかん)

黄河遠上白雲間
一片孤城万仭山
羌笛何須怨楊柳
春光不度玉門関

黄河 遠く上がる 白雲の間
一片の孤城 万仭の山
羌笛 何ぞ須(もち)いん 楊柳を怨むを
春光度(わた)らず 玉門関

現代語訳

黄河をはるばる遡り、白雲の中へと分け入っていくと、
険しい山々に囲まれて、ぽつんと小さな城がある。

その城から羌笛の音が響いてくる。羌の人たちよ、そうやって悲しい音色で
我々の郷愁を誘い、戦意をくじこうなんて、そんなことする必要は無いのだ。

どうせ春の光はこの玉門関の外までは届かないのだから。

スポンサーリンク

解説

涼州詞】は、玄宗の頃流行した曲名で、それに色々な歌詞がつけられました。この王之渙のほか、王翰の「涼州詞」が有名です。

ちょっとわかりにく理論ですが、ようは戦意どころじゃないのです。

敵の羌族はわれらの戦意をくじくために悲しい曲を笛吹くが、敵さん、そんなするまでもないですよ。こっちはもうグッタリです、戦意喪失しまくりなんです。カンベンしてくださいと。

【黄河遠上】 黄河をどこまでもさかのぼって。
【一片】 たった一つの。
【孤城】ぼつんと一つだけある城砦。ここでは玉門関。

【萬仞山】高い山。一仞は八尺。「孫子」形篇に「積水を千仞の谷に決するが如き者は形なり」と。

【羌笛】 敵である羌族(チベット系の民族)が吹く笛。
【何須】 どうして~する必要があろうか。いや、無い。

【楊柳】は別れを惜しむ「折楊柳」の曲。中国では旅人を見送る時、柳の枝を折ってはなむけにする習慣がありました。李白「春夜洛城に笛を聞く」の中に出てきます。

【恨】は「折楊柳」の悲しげな曲調。また、それを聴いて恨めしい気分になること。

【玉門関】は西域地方との境界にある、さいはての関所。これも李白「子夜呉歌」に登場します。

王之渙(688-742)。盛唐の詩人。晋陽(山西省太原)の人。字は李陵。王昌齢高適らと交流がありました。現存する詩は六首。「登鸛鵲楼」「涼州詞」が有名です。

朗読:左大臣